ロータスの新型スポーツカー「エミーラ」ってどうなの? その将来性をスペックから考える

2021.07.26 デイリーコラム

まさに“正常進化”の風情

内燃機関を搭載する最後のロータスとして2021年7月6日にデビューした「エミーラ」については、さっそくエンスージアストの間で賛否両論が沸騰しているようだ。歴史ある名門スポーツカーゆえに「○○かくあるべし」という一家言をもつ熱狂的なファンも多く、なにをどうしたところで、当然ながら賛もあれば否もある。

エミーラの前身はいうまでもなく、先日生産終了となった「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」という3台のミドシップスポーツカーだ。これら3台はよく似た骨格設計をもつ兄弟車であり、全長や全幅、ホイールベースをそれぞれキメ細かく変えることで、クラスや顧客層を差別化していた。エミーラのプラットフォームはゼロからの新開発だが、アルミ押し出し材と接着技術を駆使した骨格構造や、エンジン横置きミドシップというレイアウトなどは、まさに“正常進化”といった風情である。

エミーラのスリーサイズ(全長×全幅×全高)は4412×1895×1225mm、ホイールベースは2575mmとなっている。全長は従来でもっとも大きかったエヴォーラより長く、全幅は歴代のどのロータスよりも幅広い。2575mmというホイールベースはエヴォーラと同寸だが、たとえば「ポルシェ718ケイマン」のそれより100mm大きく、このクラスのミドシップとしては長い。このロングホイールベースが208リッターというシート後方収納空間にも寄与しているはずだ。また、現時点では2人乗りといわれるエミーラだが、エヴォーラ同様に2+2シーターがオプションで用意される可能性もある。

2021年7月6日(英国現地時間)に発表された「ロータス・エミーラ」。同ブランドにとって、最後の内燃機関搭載車となることが明らかにされている。
2021年7月6日(英国現地時間)に発表された「ロータス・エミーラ」。同ブランドにとって、最後の内燃機関搭載車となることが明らかにされている。拡大
駆動方式はMR。キャビン後方には、トヨタまたはメルセデスAMGのパワーユニットが搭載される。
駆動方式はMR。キャビン後方には、トヨタまたはメルセデスAMGのパワーユニットが搭載される。拡大
「エミーラ」や新型電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と入れ替わるかたちで2021年に生産終了するロータスの既存モデル。1995年生まれの「エリーゼ」をはじめ、いずれも長いモデルライフを保ってきた。
「エミーラ」や新型電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と入れ替わるかたちで2021年に生産終了するロータスの既存モデル。1995年生まれの「エリーゼ」をはじめ、いずれも長いモデルライフを保ってきた。拡大
「ポルシェ911」を仮想敵として2008年に送り出された2+2シーター「ロータス・エヴォーラ」。もっとも大柄なロータス車であるこのエヴォーラよりも、今回発表された「エミーラ」のほうがやや大きい。
「ポルシェ911」を仮想敵として2008年に送り出された2+2シーター「ロータス・エヴォーラ」。もっとも大柄なロータス車であるこのエヴォーラよりも、今回発表された「エミーラ」のほうがやや大きい。拡大
ロータス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る