クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ロータスの新型スポーツカー「エミーラ」ってどうなの? その将来性をスペックから考える

2021.07.26 デイリーコラム

まさに“正常進化”の風情

内燃機関を搭載する最後のロータスとして2021年7月6日にデビューした「エミーラ」については、さっそくエンスージアストの間で賛否両論が沸騰しているようだ。歴史ある名門スポーツカーゆえに「○○かくあるべし」という一家言をもつ熱狂的なファンも多く、なにをどうしたところで、当然ながら賛もあれば否もある。

エミーラの前身はいうまでもなく、先日生産終了となった「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」という3台のミドシップスポーツカーだ。これら3台はよく似た骨格設計をもつ兄弟車であり、全長や全幅、ホイールベースをそれぞれキメ細かく変えることで、クラスや顧客層を差別化していた。エミーラのプラットフォームはゼロからの新開発だが、アルミ押し出し材と接着技術を駆使した骨格構造や、エンジン横置きミドシップというレイアウトなどは、まさに“正常進化”といった風情である。

エミーラのスリーサイズ(全長×全幅×全高)は4412×1895×1225mm、ホイールベースは2575mmとなっている。全長は従来でもっとも大きかったエヴォーラより長く、全幅は歴代のどのロータスよりも幅広い。2575mmというホイールベースはエヴォーラと同寸だが、たとえば「ポルシェ718ケイマン」のそれより100mm大きく、このクラスのミドシップとしては長い。このロングホイールベースが208リッターというシート後方収納空間にも寄与しているはずだ。また、現時点では2人乗りといわれるエミーラだが、エヴォーラ同様に2+2シーターがオプションで用意される可能性もある。

2021年7月6日(英国現地時間)に発表された「ロータス・エミーラ」。同ブランドにとって、最後の内燃機関搭載車となることが明らかにされている。
2021年7月6日(英国現地時間)に発表された「ロータス・エミーラ」。同ブランドにとって、最後の内燃機関搭載車となることが明らかにされている。拡大
駆動方式はMR。キャビン後方には、トヨタまたはメルセデスAMGのパワーユニットが搭載される。
駆動方式はMR。キャビン後方には、トヨタまたはメルセデスAMGのパワーユニットが搭載される。拡大
「エミーラ」や新型電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と入れ替わるかたちで2021年に生産終了するロータスの既存モデル。1995年生まれの「エリーゼ」をはじめ、いずれも長いモデルライフを保ってきた。
「エミーラ」や新型電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と入れ替わるかたちで2021年に生産終了するロータスの既存モデル。1995年生まれの「エリーゼ」をはじめ、いずれも長いモデルライフを保ってきた。拡大
「ポルシェ911」を仮想敵として2008年に送り出された2+2シーター「ロータス・エヴォーラ」。もっとも大柄なロータス車であるこのエヴォーラよりも、今回発表された「エミーラ」のほうがやや大きい。
「ポルシェ911」を仮想敵として2008年に送り出された2+2シーター「ロータス・エヴォーラ」。もっとも大柄なロータス車であるこのエヴォーラよりも、今回発表された「エミーラ」のほうがやや大きい。拡大
ロータス の中古車

仮想的はポルシェの「ケイマン」?

エンジンは最終的に、おなじみのトヨタ製3.5リッターV6に加えて、メルセデスAMG製の2リッター直4ターボがDCTと組み合わせて搭載されるという。予定される最高出力/最大トルクは360~405PS/430N・mというから、メルセデスAMGの現行「A45 S」よりは穏やかなチューンになりそうだ。ミドシップといえどもエミーラは2WD。4WDのA45 Sと同等の出力/トルクは過剰という判断か。

目標車重は1405kg。歴代ロータスでは最重量級といっていいが、レザーでフルトリミングされた内装や電動シート、最新の先進運転支援システム、2枚の大型TFT液晶、高級ブランドオーディオ、さらに従来以上に幅広い体格をカバーするというドラポジ、電動油圧パワステなどを考えると、軽量化対策はかなり入念だと想像される。さらに最高速度は290km/h、0-100km/h加速で4.5秒以下という目標スペックも公表されている。

ここまででお気づきのマニアもいるかもしれないが、そのエンジンスペックから車重、動力性能にいたるまで、エミーラが掲げる数値は見事なまでに最新の718ケイマンとドンピシャだ。もう少し細かくいうと、エミーラは素のケイマンと同じ2リッターターボで、6気筒の「GTS 4.0」と同等以上の性能を目指している。

こうしたエミーラのスペックについて、筋金入りのロータスファンの間では、「重厚長大な高性能路線で、ロータスらしくない」という意見も少なくない。これまで販売台数が多かったロータスは最小軽量のエリーゼで、続いてエキシージ、エヴォーラの順だった。エリーゼは4m以下の全長と1tを切る車重によって、最高出力136~220PSのエンジンで俊敏に走るライトウェイトスポーツカーだった。ライトウェイトスポーツは創業以来のロータスの伝統でもあり、エリーゼこそがロータスらしいロータス……と考えるファンが多いことは、その販売台数からも容易に想像できる。

「エミーラ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4412×1895×1225mmで、車重(目標値)は1405kg以下。ロータスのお家芸ともいえる、アルミ材と接着剤を使ったアーキテクチャーが採用されている。
「エミーラ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4412×1895×1225mmで、車重(目標値)は1405kg以下。ロータスのお家芸ともいえる、アルミ材と接着剤を使ったアーキテクチャーが採用されている。拡大
スペックから察するに、「エミーラ」の仮想ライバルはポルシェの「718ケイマン」だろう。そう思うと、リアのたたずまいもポルシェそっくり! に見えなくもない。
スペックから察するに、「エミーラ」の仮想ライバルはポルシェの「718ケイマン」だろう。そう思うと、リアのたたずまいもポルシェそっくり! に見えなくもない。拡大
「エミーラ」のインテリアの印象は、アルミ製のシャシーが露出していた既存のロータス車とは大きく異なる。とはいえ、スポーツカーライクであることは間違いない。
「エミーラ」のインテリアの印象は、アルミ製のシャシーが露出していた既存のロータス車とは大きく異なる。とはいえ、スポーツカーライクであることは間違いない。拡大
液晶タイプのメーターパネルやセンターモニターなどを装備する「ロータス・エミーラ」の極めて現代的なコックピット。
液晶タイプのメーターパネルやセンターモニターなどを装備する「ロータス・エミーラ」の極めて現代的なコックピット。拡大

ブランドそのものを変える力に

ただ、マネージングディレクターとして現在のロータスを率いるマット・ウィンドル氏は、エミーラの登場に際して「これまでのロータスは人々が欲しがるものを素直に市場に出していませんでした。ロータスはいま、人々が本当に望むものをつくろうとしています」と語っている。この言葉の意味するところはなにか?

エリーゼはたしかに伝統的なロータスファンの間で根強い支持を受けてきたが、そのスパルタンすぎる内容は一般的に広く受け入れられる商品とはいいがたい。エヴォーラはそれとは対照的に、スポーツカー世界王者であるポルシェを強く意識して開発された、実用的で上質なスポーツカーだった。本来であれば、エリーゼより一般的なつくりのエヴォーラのほうが販売台数も多くてしかるべきなのに、実際にはエリーゼがもっとも多く売れて、エヴォーラの販売台数はエリーゼどころか、エキシージよりも少なかったのだ。

こうした“ねじれ構造”の解消こそが、ロータスがグローバルスポーツカーブランドとしてひと皮むけるためには不可欠……と、ウィンドル氏率いる新しいロータス経営陣は考えているのだろう。エミーラは、ロータスが今もっとも勝負をかけたい市場=ケイマンが君臨するミドルスポーツカー市場のど真ん中に投入される勝負モデルということだ。

さらにウィンドル氏は、エミーラの存在意義を「10年後にブランドの完全なるEV化と新時代を受け入れる前の……」とも語っている。ロータスはこうしてエミーラを発表しつつも同時にEV(電気自動車)化に大きくカジを切っており、現在はアルピーヌとEVスポーツカーを共同開発中である。そのプラットフームはエミーラとは別物のEV専用だそうで、一説にはバッテリーを床下ではなく、キャビン背後にミドシップ搭載するのだという。アルピーヌとの共同開発ならば小型軽量スポーツカーである可能性も高い。だとすれば、このロータス最初のEVこそが新時代のライトウェイトロータスにして、エリーゼの正統な後継機種なのかもしれない。

(文=佐野弘宗/写真=ロータスカーズ/編集=関 顕也)

ロータスカーズのマネージングディレクターを務めるマット・ウィンドル氏(写真)は、「エミーラ」を「人々が望んでいたモデル」と評するが……? 写真奥に見えるのは、ロータス初の電動ハイパーカー「エヴァイヤ」。
ロータスカーズのマネージングディレクターを務めるマット・ウィンドル氏(写真)は、「エミーラ」を「人々が望んでいたモデル」と評するが……? 写真奥に見えるのは、ロータス初の電動ハイパーカー「エヴァイヤ」。拡大
多くのファンがロータスと聞いてまず連想するのは、ライトウェイトスポーツカーの「エリーゼ」だろう(写真は“フェイズ1”などと呼ばれる初期型)。その流れを受け継ぐのは、「エミーラ」以外の電動モデルなのかもしれない。
多くのファンがロータスと聞いてまず連想するのは、ライトウェイトスポーツカーの「エリーゼ」だろう(写真は“フェイズ1”などと呼ばれる初期型)。その流れを受け継ぐのは、「エミーラ」以外の電動モデルなのかもしれない。拡大
「エミーラ」のデリバリーが開始されるのは2022年の春。メーカーの狙い通りロータスをグローバルなハイパフォーマンスブランドへと飛躍させる一台となるか、期待が高まる。
「エミーラ」のデリバリーが開始されるのは2022年の春。メーカーの狙い通りロータスをグローバルなハイパフォーマンスブランドへと飛躍させる一台となるか、期待が高まる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ロータス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。