ポルシェが「パナメーラ」に特別仕様車「プラチナエディション」を設定

2021.11.10 自動車ニュース
ポルシェ・パナメーラ プラチナエディション
ポルシェ・パナメーラ プラチナエディション拡大

ポルシェジャパンは2021年11月9日、ハイパフォーマンス4ドアサルーン「パナメーラ」の特別仕様車「プラチナエディション」を発表し、予約注文受け付けを開始した。

「プラチナエディション」は、「パナメーラ」「パナメーラ4」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」に設定される。
「プラチナエディション」は、「パナメーラ」「パナメーラ4」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」に設定される。拡大
プラチナ色で塗装された21インチ「エクスクルーシブデザインスポーツホイール」が採用されている。
プラチナ色で塗装された21インチ「エクスクルーシブデザインスポーツホイール」が採用されている。拡大
インテリアでは、「GTスポーツステアリングホイール」やブラックのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージが目を引く。
インテリアでは、「GTスポーツステアリングホイール」やブラックのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージが目を引く。拡大
「Platinum Edition」のロゴ入りブラッシュアルミニウムドアエントリーガードが備わる。
「Platinum Edition」のロゴ入りブラッシュアルミニウムドアエントリーガードが備わる。拡大

今回発表されたプラチナエディションは、「パナメーラ」「パナメーラ4」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」に設定される。

エクステリアでは、プラチナ(白金)色で塗装された21インチ「エクスクルーシブデザインスポーツホイール」やブラックのスポーツテールパイプ、プライバシーガラス、ハイグロスブラックのサイドウィンドウトリム、「エクスクルーシブデザインテールライト」などが採用されている。

フロントホイール後方のエアアウトレットトリムやリアの「Porsche」ロゴとモデルロゴ、ボディーサイドの「e-hybrid」ロゴ(ハイブリッドモデル)もプラチナ色となり、同色に塗られた20インチ「パナメーラスタイルホイール」もオプションとして用意されている。

装備については、「ポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLSプラス)」を組み込んだ「LEDマトリクスヘッドライト」やパノラミックルーフシステムが標準装備され、ハイブリッドモデルではこれらに7.2kWオンボードACチャージャーが加わる。

インテリアでは、「GTスポーツステアリングホイール」と「パワーステアリングプラス」、メモリーパッケージを備えた14way電動調節機能付きコンフォートフロントシート、ヒーター付きリアシート、BOSEサラウンドサウンドシステム、ブラックのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージ、「ポルシェクレストエンボスヘッドレスト」などが装備されるほか、「Platinum Edition」のロゴ入りブラッシュアルミニウムドアエントリーガードやアナログ時計も採用されている。

価格はパナメーラ プラチナエディションが1425万円、パナメーラ4プラチナエディションが1470万円、パナメーラ4 Eハイブリッド プラチナエディションが1692万円。導入されるモデルは右ハンドルでPDK仕様となる。

パナメーラのプラチナエディションは2021年11月17日に、米カリフォルニアで開催されるロサンゼルスモーターショーで実車が初公開される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース