「マツダ・フレアワゴン」シリーズ仕様変更 新たなデザインでリフレッシュ

2021.12.10 自動車ニュース
マツダ・フレアワゴン
マツダ・フレアワゴン拡大

マツダは2021年12月10日、軽乗用車「フレアワゴン」シリーズの一部仕様を変更し、同年12月24日に発売すると発表した。

フレアワゴン カスタムスタイル
フレアワゴン カスタムスタイル拡大
フレアワゴン タフスタイル
フレアワゴン タフスタイル拡大

フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル/フレアワゴン タフスタイルは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車。スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。

今回は外観と内装の一部に手を加えるとともに、運転を支援する機能の拡充を図った。

具体的には、「フレアワゴン ハイブリッドXG/ハイブリッドXS」、さらに「フレアワゴン カスタムスタイル」全車のフロントグリルのデザインを変更。「フレアワゴン タフスタイル」全車のアルミホイールの意匠も改めた。ボディーカラーは、新たに「ライトブロンズパールメタリック」およびその2トーン(ホワイトルーフ仕様)、「インディゴブルーメタリック2」が選べるようになった。

また、カスタムスタイルとタフスタイルの全車について、インパネカラーパネルやシート等のアクセント色を変更。両モデルには、運転を支援する車線逸脱抑制機能も追加している。

フレアワゴンシリーズの価格帯は、139万4800円から212万5200円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フレアワゴン, フレアワゴン カスタムスタイル, フレアワゴン タフスタイル, マツダ, 自動車ニュース