真っ黒な限定ポルシェ、3モデル予約スタート

2011.03.03 自動車ニュース

真っ黒な限定ポルシェ「ブラックエディション」予約開始

ポルシェジャパンは2011年3月1日、「911カレラ」と「911カレラカブリオレ」「ボクスターS」の特別限定車「ブラックエディション」の予約受注を開始した。

既報のとおり、内外装を黒で統一した特別限定車「911ブラックエディション」と、「ボクスターS ブラックエディション」が日本導入となる。

「911ブラックエディション」は、「911カレラ/カレラカブリオレ」に、19インチの「911ターボIIホイール」を装備。インテリアには、スポーツステアリングホイールやブラックメーターパネルのほか、ダッシュボードの装飾トリムやシフトレバーなどにアルミニウム仕上げのパーツがアクセントとして採用される。また、BOSEサウンドシステムやパークアシストシステム、クルーズコントロールなども標準で備わる。

「ボクスターS ブラックエディション」は、「ボクスターS」に「コンフォートパッケージ」と「デザインパッケージ」を装備。インテリアには、スポーツデザインステアリングホイールやブラックカラーパーシャルレザーシートのほか、ブラックカラー塗装のPDKセレクターレバーやダッシュボードトリムなどが採用される。
また、機関面にも手が入れられ、エンジンパフォーマンスは、ベースモデルを10ps、1.0kgm上回る、320ps/7200rpm、37.7kgm/4750rpmとなっている。

いずれも100万円以上の特別装備が与えられながら、戦略的な価格設定がなされた。

「911ブラックエディション」は、世界限定1911台の生産の内、40台、「ボクスターS ブラックエディション」は、世界限定987台の生産の内、25台が日本に導入される。

価格は以下のとおり。(カッコ内はベース車との差額)

・911ブラックエディション(6MT):1086万円(-106万円)
・911ブラックエディション(7AT):1161万円(-106万円)
・911ブラックエディション カブリオレ(7AT):1311万円(-140万円)
・ボクスターS ブラックエディション(6MT):771万円(+76万円)
・ボクスターS ブラックエディション(7AT):818万円(+76万円)

(webCG ワタナベ)

「911ブラックエディション」
「911ブラックエディション」 拡大
「911ブラックエディション」に装備される、19インチ「911ターボIIホイール」。
「911ブラックエディション」に装備される、19インチ「911ターボIIホイール」。 拡大
「ボクスターS ブラックエディション」
「ボクスターS ブラックエディション」 拡大
「ボクスターS ブラックエディション」のインテリア。
「ボクスターS ブラックエディション」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
911, ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第164回:ポルシェ全然知らない人間 2020.2.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第164回は「ポルシェ全然知らない人間」。“ポルシェに関しては無知”を自覚する筆者が、新型「911カレラS/4S」にプチ試乗。先代との違いとは? こだわり派の見解を交えながら、その魅力に迫る。
ホームへ戻る