アウディRS e-tron GT(後編)

2022.05.05 谷口信輝の新車試乗 「最初に乗ったときとは全然違う」と、驚きの表情を浮かべた谷口信輝。「アウディRS e-tron GT」の設定を変えて試乗したことで、プロの最終的な評価はどのように変化したのか?

レーシングカーを思わせる

いつものワインディングロードでアウディRS e-tron GTに試乗して、EV特有の加速感を満喫するとともに、アウディらしさが漂うハンドリングや乗り心地を堪能した谷口信輝。続いて彼に、RS e-tron GTのデザインを吟味してもらうことにしよう。
「ぱっと見た感じはいかにもアウディらしいんですが、よくよく見ると、普通のアウディとはだいぶ形を変えてありますね」

さすが谷口、e-tron GTのデザインコンセプトを鋭く見抜いたようである。そのボディーシェイプは、「A7スポーツバック」や「A5スポーツバック」とよく似たクーペスタイルながら、細部の処理はe-tron GTだけのもので、それゆえによりダイナミックかつ未来的な雰囲気を漂わせている。

「リアフェンダー周辺のキャラクターラインとか、エッジが効いていてかなりかっこいいですね」と谷口。
「しかも、リアフェンダー自体が大きく膨らんでいて、すごい迫力を放っている。なんか、すごいですね」

続いてフロントフェンダー付近に移動した谷口は、フェンダーパネルの後半部分とフロントドアの間に大きな段差があって、タイヤハウス内で起きた乱流がその段差から吐き出される構造となっていることに気づいたようだ。
「こういうところとか、ルーフがカーボン製になっているところとか、いろいろとレーシングカーっぽいですよね。それと、全体的に低くシュッとしていて、シルエットクイズで見たらかなりかっこいいと思いますよ」

谷口が「シルエットクイズにしたら」と言ったのは、色やディテールを覆い隠して見たときのことを意味していて、つまり基本的なプロポーションやボディーシェイプを高く評価していると考えていただければいいだろう。
「それにしても、このクルマ、タイヤとフェンダーの間のすき間が大きすぎませんか? これでちゃんと車高が下がっているのかなあ……」

 
アウディRS e-tron GT(後編)の画像拡大
 
アウディRS e-tron GT(後編)の画像拡大
 
アウディRS e-tron GT(後編)の画像拡大
 
アウディRS e-tron GT(後編)の画像拡大
関連記事
  • アウディe-tron GTクワトロ(4WD)【試乗記】 2022.1.15 試乗記 総出力500PSオーバーという高性能を誇る、アウディのフラッグシップBEV「e-tron GTクワトロ」。では、日常の相棒として優れた一台といえるのか? 電費や使い勝手を含め、試乗した印象を報告する。
  • アウディRS e-tron GT(後編) 2022.5.5 谷口信輝の新車試乗 「最初に乗ったときとは全然違う」と、驚きの表情を浮かべた谷口信輝。「アウディRS e-tron GT」の設定を変えて試乗したことで、プロの最終的な評価はどのように変化したのか?
  • アウディe-tron GTクワトロ(4WD)/RS e-tron GT(4WD)【試乗記】 2021.11.3 試乗記 2026年以降に投入する新型車はすべて電気自動車とすることを明言しているアウディ。日本にも「e-tron/e-tronスポーツバック」に続いて「e-tron GT」を送り込んできた。ポルシェとの共同開発によって生み出された4ドアクーペの実力やいかに!?
  • アウディが「アウディA4/A4アバント」と「A5スポーツバック」の特別仕様車を発売 2022.5.31 自動車ニュース アウディ ジャパンは2022年5月31日、「アウディA4/A4アバント」および「A5スポーツバック」に特別仕様車「Black Style PLUS(ブラックスタイルプラス)」を設定し、A4が100台、A4アバントが150台、A5スポーツバックが50台の台数限定で販売を開始した。
  • アウディRS e-tron GT(前編) 2022.4.28 谷口信輝の新車試乗 自他ともに認める電気自動車好きのレーシングドライバー谷口信輝。アウディのフラッグシップEVと位置づけられる「RS e-tron GT」にワインディングロードで試乗した印象は?
ホームへ戻る