シトロエンC5/C5ツアラーが装備変更&値下げ

2011.02.25 自動車ニュース

シトロエン、「C5/C5ツアラー」を装備変更&値下げ

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年2月24日、シトロエンブランドのフラッグシップモデル「C5/C5ツアラー」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジのポイントは、内外装の変更と価格の見直し。
エクステリアは、フロントヘッドライトにLEDポジションランプを装備するほか、リアコンビランプのカラーリングを「赤」から「赤&クリア」に変更し、デザイン性を高めた。
装備面では、上級グレード「エクスクルーシブ」には新デザインの17インチホイールが装着され、エントリーグレード「セダクション」には新しいファブリックシートが採用された。また、滑りやすい雪道などでの走行を制御する「インテリジェント トラクションコントロール」も装備される。

ボディーカラーは、新色「グリ ハリアー」を追加し、全7色を用意。
今回の変更で、3リッターモデルはラインナップから落とされ、1.6リッターターボのみとなった。

価格は以下のとおり。(カッコ内は従来モデルとの差額)

C5 セダクション:399万円(-25万円)
C5 エクスクルーシブ:449万円(-10万円)
C5ツアラー セダクション:419万円(-25万円)
C5ツアラー エクスクルーシブ:469万円(-10万円)

(webCG ワタナベ)

「シトロエンC5」
「シトロエンC5」 拡大
 
シトロエンC5/C5ツアラーが装備変更&値下げの画像 拡大
エントリーグレード「セダクション」のインテリア。
エントリーグレード「セダクション」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
C5, C5ツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第181回:マリオインプは三度死ぬ 2020.6.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第181回は「マリオインプは三度死ぬ」。初代「インプレッサWRX」に魅せられた、あるスバリストの半生をたどる。走行距離20万8000km! 不動状態から幾度も復活させつつ、26年もの間、愛車を手放さずにいるワケとは?
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
  • 第163回:カーマニアの回り道 2020.2.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?
ホームへ戻る