新型アストン「ヴィラージュ」登場【ジュネーブショー2011】

2011.02.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】新型アストン「ヴィラージュ」登場

英アストン・マーティンは2011年2月23日、新型スポーツカー「ヴィラージュ」を発表。同年3月1日に開幕するジュネーブショーに出展する。

1988年から1995年にかけ、アストン・マーティンが生産したラクシャリークーペ「ヴィラージュ」の名が復活する。

新型「ヴィラージュ」は、ブランドを代表するラクシャリースポーツの「DB9」と、究極のスポーツモデルをうたう「DBS」との間に位置するクルマで、DBSのスポーツ性とDB9の洗練性・快適性を併せ持つという。

ボディは、いまやおなじみのアルミスペース構造「VHアーキテクチャ」を採用。そのノーズには6リッターV12エンジンが収まる。エンジンパワーはDB9(450ps)を上回る497psを発生し、6段オートマチック「タッチトロニックII」を介して後輪を駆動。リアディファレンシャルにトランスミッションを組み込むトランスアクスルを採用することで、50:50の前後重量バランスを実現する。

サスペンションには、新開発の可変ダンピングシステム「ADS(アダプティブダンピングシステム)」を搭載。ノーマルモードで5段階、スポーツモードならさらにハードな5段階の減衰力を選ぶことができる。カーボンセラミックブレーキは標準で装着される。

外観は、アストン・マーティンのアイコンであるサイドストレーキにLED式のサイドマーカーを組み込むことで個性を主張する。ヴィラージュにはクーペとオープンモデルの「ヴォランテ」が用意され、DBS、DB9にこのヴィラージュが加わることで、アストン・マーティンのスポーツGTラインアップが完成する。

なお、ヴィラージュの販売は2011年2月23日から、世界41カ国でスタート。価格はジュネーブショーで発表される。

(文=生方聡)

「アストン・マーティン ヴィラージュ」
「アストン・マーティン ヴィラージュ」 拡大
 
新型アストン「ヴィラージュ」登場【ジュネーブショー2011】の画像 拡大
 
新型アストン「ヴィラージュ」登場【ジュネーブショー2011】の画像 拡大
「アストン・マーティン ヴィラージュ ヴォランテ」
「アストン・マーティン ヴィラージュ ヴォランテ」 拡大

関連キーワード:
ヴィラージュ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)【海外試乗記】 2020.4.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る