BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタート

2022.09.06 自動車ニュース webCG 編集部
BMW M4 CSL
BMW M4 CSL拡大

BMWジャパンは2022年9月2日、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4 CSL」の注文受け付けを、同年9月26日23時59分までBMWオンラインストア限定で実施すると発表した。同モデルの販売台数はグローバルで1000台。国内への割り当ては25台で、注文数が限定台数を上回った場合には、抽選により同年10月初旬までに当選者を決定する。納車開始は同年第4四半期以降になる見込み。

 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大
 
BMWの量産車最速モデル「M4 CSL」 25台限定で注文受け付けスタートの画像拡大

「Competition/Sport/Lightweight」の頭文字を車名に冠するBMW M4 CSLは、「BMW M4コンペティション クーペ」(後輪駆動モデル)をベースに、約100kgの軽量化と40PSの出力向上を実現した高性能バージョン。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて7分20秒207のラップタイムを記録したBMW量産車最速モデルとうたわれている。

外観では、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製のパーツ類(ボンネットやトランクリッド、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーキャップ、ディフューザー)や、ブラックをベースにレッドのアクセントを添えたバッジ類が特徴的な装備。イエローのデイライトが備わるレーザーライト、レーザーテクノロジーを採用したリアコンビネーションランプもM4 CSLならではアイテムとなっている。

インテリアにおいては、センターマーク付きのMアルカンターラステアリングやMカーボンファイバートリム、専用CFRP製センターコンソールを採用。極限まで軽量化したというMカーボンフルバケットシートと、サーキットでの使用を想定した6点式シートベルトも備わる。軽量化のために後席は取り除かれ、キャビン後方はヘルメットの収納スペースにあてられている。

パワーユニットは、1.7barから2.1barへと過給圧を上げた3リッター直6ターボエンジンで、最高出力550PS、最大トルク650N・mを発生。0-100km/hの加速タイムは3.7秒と公表される。

シャシーにおいても、M4コンペティション クーペに対してボールジョイントを4カ所多い14カ所とし、専用サスペンション、専用スタビライザー、レッドハイグロスのMカーボンセラミックブレーキを標準装備することで、路面追従性やキャンバー強度、ダンパーのレスポンスなどを向上させている。

価格はベースモデル比で820万円高の2196万円。右ハンドル仕様のみラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース