「CLクラス」に専用オーディオをオプション設定

2011.02.09 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」に、高級オーディオシステムをオプション設定

メルセデス・ベンツ日本は2011年2月8日、ラクシャリークーペ「CLクラス」に高級カーオーディオシステム「CL Sound Suite(シーエル・サウンド・スウィート)」をオプション設定した。

「CL Sound Suite」は、高級カーオーディオの専門メーカー「ソニックデザイン」が手がけたCLクラス専用のサウンドシステムだ。以前も特別仕様車に採用された実績があり、今回はオプション装備として設定された。

「CLクラス」の車室内空間専用に設計されたこのシステムには、純正オーディオのアナログ音声出力を最小限の劣化で高精度に取り出すソニックデザインの独自技術「SonoRevive(ソノリバイブ)」を採用。最良の音質と理想の音響特性を求めたという。
特別仕様のデジタルプロセッサーアンプをはじめ、音楽の主要帯域を左右1組のドアユニットで再生するスーパーフルレンジ思想のアルミダイキャスト製エンクロージュア一体型スピーカーモジュール「The Suite Unison-Array(ザ・スウィート・ユニゾンアレー)」を装着。リアトレイと一体化した省スペース設計の高性能サブウーファーシステム「The Suite Super-Bass(ザ・スウィート・スーパーバス)」も搭載される。
また、車両後退時や乗車人員、乗車位置、ドアの開閉などに連動して音量や音場、音質を自動で調整する、カーオートメーション機能も備えている。

「CL Sound Suite」のオプション価格は390万円。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
CLクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る