マセラティが初の女性F1ドライバーをたたえる特別な「ギブリ」と「レヴァンテ」を発表

2022.10.14 自動車ニュース webCG 編集部
マセラティ・レヴァンテ モデナFトリブート スペシャルエディション
マセラティ・レヴァンテ モデナFトリブート スペシャルエディション拡大

伊マセラティは2022年10月13日(現地時間)、スポーツセダン「ギブリ モデナ」とSUV「レヴァンテ モデナ」がベースの限定車「Fトリブート スペシャルエディション」を発表した。日本市場への導入時期は、2023年の第1四半期が予定されている。

ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション
ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション拡大
「アランチョ・デビル」カラーのモデルは、コバルトブルーのアクセントでドレスアップされる。
「アランチョ・デビル」カラーのモデルは、コバルトブルーのアクセントでドレスアップされる。拡大
「ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション」のエンブレムとホイール。
「ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション」のエンブレムとホイール。拡大
ブラックのシートには、ブルーとオレンジのステッチが施される。写真は「レヴァンテ モデナFトリブート スペシャルエディション」のもの。
ブラックのシートには、ブルーとオレンジのステッチが施される。写真は「レヴァンテ モデナFトリブート スペシャルエディション」のもの。拡大
「ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション」のインテリア。
「ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション」のインテリア。拡大

今回のFトリブート スペシャルエディションは、1958年にマセラティのマシンでグランプリに出場した初の女性F1ドライバー、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスをたたえる限定車。ギブリ、レヴァンテともに特別なカラーリングでドレスアップされている。

ボディーカラーは、マリア・テレーザのニックネーム「the she-devil (ザ・シーデビル)」を想起させるオレンジ「アランチョ・デビル」と、サーキット(の路面)から着想を得たというグレー「グリージョ・ラミエーラ」の2色。

アランチョ・デビルのモデルには、リムをコバルトブルーで飾った「グリージョ・オパコ」の21インチホイールが組み合わされ、フェンダーにはコバルトブルーのエンブレムが、Cピラーには同じブルーのトライデントが装着される。

一方、グリージョ・ラミエーラのモデルでは、21インチホイールのカラーはグロスブラックに、エンブレムとトライデントはオレンジになっている。

インテリアについては、フルグレインレザー仕立てのシートを採用。ブラックのシートにはブルーとオレンジのステッチが、オレンジがかったブラウンのシートにはオレンジのステッチが施される。

日本での価格は「ギブリ モデナFトリブート スペシャルエディション」が1788万円で、「レヴァンテ モデナFトリブート スペシャルエディション」が1958万円。販売台数は各車とも、アランチョ・デビルのモデルが1台、グリージョ・ラミエーラのモデルが5台となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリ, レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース