ポルシェジャパン、ボクスターなど大幅値下げ

2011.02.01 自動車ニュース

ポルシェジャパン、「ボクスター」「ケイマン」など大幅値下げ

ポルシェジャパンは2011年2月1日、「ボクスター」「ケイマン」「パナメーラ」「カイエン」の一部グレードの価格を改定。あわせて一部車種の装備見直しを行った。

「911」シリーズを除く多くのモデルで価格改定が行われた。該当モデルの新価格は以下のとおり。

ボクスター:610万円(7AT)/563万円(6MT)
ボクスターS:742万円(7AT)/695万円(6MT)
ケイマン:646万円(7AT)/599万円(6MT)
ケイマンS:796万円(7AT)/749万円(6MT) 
パナメーラ:1004万円(7AT)/929万円(6MT)
パナメーラ4:1062万円(7AT)
カイエンSハイブリッド:1098万円(8AT)

ボクスターで62万円、パナメーラ4で105万円と、大幅な値下げとなる。カイエンSハイブリッドについては、6万円の値上げが行われた。

ただしボクスター、ボクスターS、ケイマン、ケイマンSではフルオートエアコン(11万4000円)が標準装備からオプションに変更。パナメーラ、パナメーラ4は、電動テールゲート、ポルシェダイナミックコーナリングライト、電動ロールブラインド、ドライバーメモリーパッケージ、ウォルナットインテリアトリム、前席シートヒーター(合計59万6000円)が標準装備からオプションに変更されている。

(webCG 本諏訪)

「ポルシェ・ボクスター」
「ポルシェ・ボクスター」 拡大

関連キーワード:
パナメーラ, ケイマン, ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • 「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場 2020.2.13 自動車ニュース マツダは2020年2月13日、「マツダ3」の2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。同年3月12日に発売する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る