“流麗で安全”新型「ボルボS60」が日本上陸

2011.01.27 自動車ニュース

“流麗にして安全”新型「ボルボS60」が日本上陸

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年1月27日、ミドサイズセダン「S60」の新型を日本に導入し、同年3月5日に発売すると発表した。

既報のとおり、2010年3月のジュネーブショーでデビューした新型「ボルボS60」が、日本に上陸する。
“4ドアクーペ”を称した先代モデルに引き続き、新型もまた「これまでのどのボルボ車とも異なる、見る人の感性に訴えるデザイン」(プレスリリース)とされるスタイリングが自慢。そのスリーサイズは、全長×全幅×全高=4630(+55)×1845(+30)×1480(+50)mmと、全体的にややふっくら(カッコ内は先代モデル比)。2715mmのホイールベースも60mmの延長となっている。

インテリアもまた、細部に至るまでデザインに磨きがかけられた。ただし、板状のセンターコンソール(センタースタック)などボルボならではのディテールは継承され、化学物質の発生が少ない内装材や疲れにくいシートが採用されている。

安全性能も見どころだ。先に「XC60」でも採用された自動減速システム「シティセーフティ」は全車標準。加えて「歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」も選択できるようになった。これは、レーザーセンサーとカメラを併用する新機能で、ヒトをヒトとして認識しつつ、障害物との相対速度が35km/h未満の場合は自動でフルブレーキをかけるなどして追突を未然に回避。それ以上でも衝突時のダメージを軽減できるというものだ。

そんな新型「S60」は、3つのグレードが用意される。
エントリーグレードとなる「S60 DRIVe」は、180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpmを発生する新開発の1.6リッター直4ターボエンジンを搭載。12.6km/リッター(10・15モード値)を記録する燃費性能を有し、エコカー減税の対象にもなっている。
動力性能に余裕を求める向きは、3リッター直6ターボユニット(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)を積む「S60 T6 AWD SE」も選択可能。さらに、大型エアインテークやリアディフューザー、専用インテリア、専用18インチアルミホイールなどでドレスアップした「S60 T6 AWD R-DESIGN」もラインナップする。エンジンのパフォーマンスは「S60 T6 AWD SE」と同じながら、足まわりには専用チューニングが施される最もスポーティなグレードである。

なお、全車トランスミッションは6段ATで、駆動方式は1.6リッターモデルがFF、3リッターモデルが4WDとなっている。

価格は以下のとおり。2011年3月5日に発売される。
・「S60 DRIVe」:375万円
・「S60 T6 AWD SE」:519万円
・「S60 T6 AWD R-DESIGN」:579万円

(webCG 関)

新型「ボルボS60」(写真は3リッター直6モデル「T6 AWD SE」→その他の写真はこちら
新型「ボルボS60」(写真は3リッター直6モデル「T6 AWD SE」→その他の写真はこちら) 拡大

“流麗で安全”新型「ボルボS60」が日本上陸の画像 拡大
運転席まわりの様子。特徴的なデザインのセンターコンソールは、ほかボルボ車でもおなじみのもの。
運転席まわりの様子。特徴的なデザインのセンターコンソールは、ほかボルボ車でもおなじみのもの。 拡大
新開発の1.6リッター直4ターボエンジン。低回転域のトルクの豊かさと燃費性能がアピールポイントだ。
新開発の1.6リッター直4ターボエンジン。低回転域のトルクの豊かさと燃費性能がアピールポイントだ。 拡大
こちらはスポーティグレード「T6 AWD R-DESIGN」のインテリア。シート地は黒×白のツートンカラーとなる。
こちらはスポーティグレード「T6 AWD R-DESIGN」のインテリア。シート地は黒×白のツートンカラーとなる。 拡大
「S60 T6 AWD R-DESIGN」。エクステリアも、大型エアインテークやリアディフューザー、ファミリー最大の18インチホイールで飾られる。
「S60 T6 AWD R-DESIGN」のその他写真はこちら
「S60 T6 AWD R-DESIGN」。エクステリアも、大型エアインテークやリアディフューザー、ファミリー最大の18インチホイールで飾られる。
(「S60 T6 AWD R-DESIGN」のその他写真はこちら) 拡大

関連キーワード:
S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る