トヨタ、クラウン誕生55周年特別仕様車を発売

2010.12.22 自動車ニュース

「トヨタ・クラウン」に、誕生55周年記念の特別仕様車

トヨタ自動車は2010年12月20日、「クラウン」の誕生55周年を記念した特別仕様車「Anniversary Edition」を、「ロイヤル」「アスリート」シリーズと「ハイブリッド」に設定し、発売した。

今回の特別仕様車「Anniversary Edition」には、シリーズごとに異なる彩色が施されたスマートキー、スカッフプレートや、オリジナル本革車検証入れが特別装備される。

そのほか「ロイヤル」「アスリート」シリーズには、後席の快適性を高める「電動式リアサンシェード」、乗降性を高める「パワーイージーアクセスシステム(運転席)」、ドライバーの運転ポジションを記録できる「マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリングホイール、シート、ミラー)」、半ドアを防ぐ「イージークローザー」、「リバース連動メモリー機能付きドアミラー」などの機能系装備が備わる。

さらに「ロイヤル」には、215/55R17タイヤ+17インチアルミホイール(2.5リッター車、3リッター車はベース車に標準装備)、本革シート表皮のほか、フロントグリル(専用スモークメッキ加飾)、フロントエンブレム(専用色ゴールド加飾)、ヘッドランプ・フロントフォグランプエクステンション(専用スモークグリーンメッキ加飾)などのメッキ系パーツを中心としたアイテムが備わり、上質感が高められている。

「アスリート」には、フロントグリル、ヘッドランプエクステンション(専用ブラック加飾)、フロントエンブレム(専用色ボルドー加飾)、リヤコンビネーションランプエクステンション(専用スモーク色加飾)、本革シート表皮(専用ボルドーステッチ付)、本革巻きステアリングホイール(専用ボルドーステッチ付)などを特別装備。ブラックを基調にボルドーのアクセントを採り入れた、シックでスポーティなデザインが特徴となる。

「ハイブリッド」には、マルチアジャスタブルパワーシートが追加装備された。

「Anniversary Edition」の価格は、「ロイヤル」シリーズが443万円から503万円、「アスリート」シリーズは450万円と472万円、「ハイブリッド」は545万円。

(webCG 曽宮)

「クラウン ロイヤルサルーン」
「クラウン ロイヤルサルーン」 拡大
「クラウン アスリート」
「クラウン アスリート」 拡大
「クラウン ハイブリッド」
「クラウン ハイブリッド」 拡大

関連キーワード:
クラウン ロイヤル, クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • トヨタ・プリウスα(アルファ) 7人乗り/5人乗り【試乗記】 2011.5.26 試乗記 トヨタ・プリウスα G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/S ツーリングセレクション(FF/CVT)
    ……400万7450円/338万6950円

    人気モデル「プリウス」よりひとまわり大きな、トヨタの最新型ハイブリッド「プリウスα」がデビュー。その実力を、7人乗りと5人乗り、ふたつのグレードで試した。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る