“完全な”ルノー・ルーテシアRS、30台限定発売

2010.12.09 自動車ニュース

「ルノー・ルーテシア ルノースポール」の“完全版”、30台限定で発売

ルノー・ジャポンは2010年12月9日、ハイパフォーマンスモデル「ルノー・ルーテシア ルノースポール」の特別仕様車を発表。30台限定で同日に発売した。

今回の特別仕様車「ルノー・ルーテシア ルノースポール コンプリート」は、ルノーのホットなコンパクト「ルノー・ルーテシア ルノースポール」を、さらにスポーティに仕立て直したモデルだ。

エンジンなどの機関部はそのままながら、ステアリングや足まわりは、「シャシーカップ」と呼ばれる、より本格的なスポーツ走行を意識したものに変更。赤く塗られたブレンボ製キャリパー、スピードライン製の黒い17インチアロイホイール、ノーマルパーツより1.8kg軽い、カーボン製のリアディフューザー、さらに、車体にかかるGや各種計測タイムを表示する「R.S.モニター」も与えられる。

携帯音楽プレーヤーが接続できるUSB、AUXコネクター、Bluetooth対応オーディオも備わるなど、AV機能の充実もセリングポイントだ。

“完全版”の名をいただく「ルノー・ルーテシア ルノースポール コンプリート」の価格は、364万円。30台限定での販売となる。

(webCG 関)

「ルノー・ルーテシア ルノースポール コンプリート」
「ルノー・ルーテシア ルノースポール コンプリート」 拡大
リアエンドには、軽量なカーボン製ディフューザーがおごられる。
リアエンドには、軽量なカーボン製ディフューザーがおごられる。 拡大
特別装備のひとつ、「R.S.モニター」。写真はラップタイムの計測画面。
特別装備のひとつ、「R.S.モニター」。写真はラップタイムの計測画面。 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
ホームへ戻る