アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売

2010.11.02 自動車ニュース

アウディ、「A4オールロードクワトロ」を限定発売

アウディジャパンは2010年11月2日、「アウディA4オールロードクワトロ」を国内導入し、250台限定で発売した。

アウディが2000年に初代を誕生させた「オールロードクワトロ」は、「A6」のステーションワゴン(アバント)をベースに車高をアップし、アウトドアをイメージさせる内外装パーツを組み込んだプレミアムモデルだった。その後、ベースとなったA6のモデルチェンジにあわせ、2006年に2代目にスイッチ。車名に「A6」の名が追加され、「A6オールロードクワトロ」となったが、基本コンセプトは初代のそれを継承。2009年2月に、A6のマイナーチェンジを機に販売が中止された。

今回発売となるモデルは、「A4オールロードクワトロ」の車名からわかるように、「A4アバント」をベースにつくられている。A4シリーズにオールロードが設定されるのは初である。ベース車との違いはこれまで同様、内外装への専用部品の装着が中心で、エクステリアには専用バンパー、大型ホイールアーチ、縦基調のフロントグリル、大型ステンレスアンダーガードなどが装備される。インテリアは、カルダモンベージュ色の本革シートとウォールナットのデコラティブパネルにより、上質さが演出されている。

専用サスペンションの採用により、最低地上高がベース車より40mm高い、160mmに設定される。駆動方式はもちろん4WD。パワーユニットは、2リッター直噴ターボ「2.0TFSI」に7段Sトロニックが組み合わされ、最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmを発生する。10・15モード燃費は10.4km/リッターとなっている。

価格は585万円。全国限定250台で販売される。

(webCG 曽宮)

「アウディA4オールロードクワトロ」
「アウディA4オールロードクワトロ」 拡大
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像 拡大
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。 拡大
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像 拡大

関連キーワード:
A4オールロードクワトロ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4オールロードクワトロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4オールロードクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.12.11 試乗記 2010年の登場以来、限定車として発売されては完売を繰り返してきた「アウディA4オールロードクワトロ」が、いよいよカタログモデルに昇格した。“道を選ばぬ万能車”の実力を確かめるために、東京~箱根のワンデイツーリングに出た。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
  • 日産が「マーチ」を一部仕様変更 衝突回避・衝突被害軽減ブレーキなどを全車標準装備に 2020.7.16 自動車ニュース 日産自動車は2020年7月16日、コンパクトカー「マーチ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は主に予防安全装備の強化を実施、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを全車に標準装備としている。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
ホームへ戻る