シトロエンDS3、特別限定車2モデル発売

2010.10.26 自動車ニュース

シトロエン、「DS3」の特別限定車2モデルを発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年10月25日、シトロエンのハッチバックモデル「DS3」に特別限定車「Edition Noire(エディション・ノアール)」と「MAP/CO DESIGN(マップ/コ デザイン)」を設定し、発売した。

■50台のシックな限定車「エディション・ノアール」

「エディション・ノアール」は、ブラックのボディに同色のルーフを組み合わせた通常のラインナップにないモノトーン仕立ての特別仕様車だ。

フロントバンパーやサイドプロテクター、リアバンパー、サイドミラーなどにはクロームパーツを採用し、色のコントラストを際立たせることで、シックな印象に仕上げている。
そのほか、LEDのフロントフロア イルミネーションやルームランプのほか、黒×シルバーのツートンアロイホイールなども与えられる。

ベース車の「Chic」に15万円相当、「Sport Chic」には9万円相当の特別装備を加えながら、価格は据え置かれ「Chic エディション・ノアール」が249万円、「Sport Chic エディション・ノアール」は269万円となる。
それぞれ25台、合計50台が限定販売される。

■アーティスティックな特別仕様車「マップ/コ デザイン」

「マップ/コ デザイン」は、DS3のユニークなオプションアイテムであるルーフステッカーに、専用デザインを採用したモデル。
「Chic」をベースに、パリの街をイメージしたという「MAP(マップ)」と、線とシンプルな色で構成された「CO DESIGN(コ デザイン)」の2種類が設定された。
ルーフと同じデザインの専用フロアマットのほか、アルカンターラとファブリックのコンビシートやツートンカラーの17インチアロイホイール、ボディ各部のクロームデコレーションなども特別に装備した個性的な1台となっている。

価格は、「Chic マップ」「Chic コ デザイン」ともに255万円。これらモデルは受注生産となり、DS3のスペシャルサイトにて2010年10月25日から2011年6月26日までの期間限定で予約販売される。

スペシャルサイト
http://citroen.jp/DS3-edition-speciale

(webCG ワタナベ)

「DS3 Chic エディション・ノアール」
「DS3 Chic エディション・ノアール」 拡大
LEDのフロントフロア イルミネーション
LEDのフロントフロア イルミネーション 拡大
黒とシルバーのツートンカラーのアルミホイール。「Chic エディション・ノアール」に16インチ(写真)、「Sport Chic エディション・ノアール」には17インチが装着される。
黒とシルバーのツートンカラーのアルミホイール。「Chic エディション・ノアール」に16インチ(写真)、「Sport Chic エディション・ノアール」には17インチが装着される。 拡大
「DS3 Chic マップ」
「DS3 Chic マップ」 拡大
「DS3 Chic コ デザイン」
「DS3 Chic コ デザイン」 拡大

関連キーワード:
DS3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン DS3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る