レクサスIS F さらにスポーティに

2010.08.25 自動車ニュース

「レクサスIS F」がマイナーチェンジ サーキットモードを設定

トヨタ自動車は2010年8月25日、ハイパフォーマンスセダン「レクサスIS F」にマイナーチェンジを施し、発売した。

■330km/hメーター採用

「レクサスIS F」は、最高出力423psの5リッターV8エンジンを搭載するハイパフォーマンスセダン。
今回のマイナーチェンジでは、内外装の意匠変更や、足まわりの設定変更のほか、ナビの位置確認機能によってスピードリミッターが解除される「サーキットモード」追加などが行われた。

エクステリアは、同時にマイナーチェンジを受けた「IS」シリーズ同様に、ヘッドランプ内下部にLEDポジショニングランプを追加。
インテリアでは、メーターレイアウトが一新。デジタル速度計などが組み込まれた大きなタコメーターがメーターパネル中央に配され、右下には330km/hスケールのスピードメーターが設けられた。さらに、ステアリングホイールには、「VDIM(車両の走行性能を統合制御するシステム)」のスポーツモード切り替えスイッチが新たに付けられ、スポーク部にはアルミ調パネルを採用するなど、スポーティな演出が図られた。

フィット感向上のため、シートのクッションも変更。シート表皮にアルカンターラを選択できるオプションも、新たに設定された。

■足まわりもテコ入れ

足まわりにも手が入れられた。コイルスプリング、ショックアブソーバー、ブッシュ、リアキャンバー角などの設定が見直され、乗り心地や車両安定性の向上が図られている。
エンジン、トランスミッションには変更はなく、5リッターV8エンジンに8段ATが組み合わされる。

ナビゲーションシステムの位置情報から、サーキットを走行すると判断されると、スピードリミッターが解除される機能「サーキットモード」が設定されたのも新しい。

価格は、従来型より10万円高の790.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))

ヘッドランプにLEDポジショニングランプが追加された。
ヘッドランプにLEDポジショニングランプが追加された。 拡大
タコメーターが中央に配置されたメーターパネル。
タコメーターが中央に配置されたメーターパネル。 拡大
インテリアの様子。写真のシートは、オプションのアルカンターラ表皮のもの。
インテリアの様子。写真のシートは、オプションのアルカンターラ表皮のもの。 拡大
アルカンターラ表皮(オプション)のリアシート。
アルカンターラ表皮(オプション)のリアシート。 拡大

関連キーワード:
IS F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス IS F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
  • レクサスES300h“Fスポーツ” 2018.10.24 画像・写真 レクサスのミッドサイズセダン「ES」の最新型には、ES史上初となるスポーティーグレード“Fスポーツ”が設定される。専用のエアロパーツや特別仕立てのインテリアなど、その特徴的なディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
ホームへ戻る