光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車

2010.07.28 自動車ニュース

光岡、「卑弥呼(ヒミコ)」に20台限定の特別仕様車

光岡自動車は、オープン2シーターモデルの「ヒミコ」に特別仕様車「ヒミコ クラシック」を設定し、2010年7月29日に発売すると発表した。

ミツオカ・ヒミコ」は、“往年のクラシックスポーツ”をデザインテーマに開発された、オープン2シーターモデルだ。2008年12月に登場した同モデルは、3代目「マツダ・ロードスター」をベースとしており、ソフトトップ仕様とパワーリトラクタブルハードトップ仕様の2種類が設定される。エンジンは全車2リッターDOHCで、トランスミッションはベース車同様、5MT(ソフトトップのみ)と6MT、6ATが選択可能だ。

今回の特別仕様車「ヒミコ クラシック」は、通常は単色のボディカラーを、ブラック系+レッド系の2トーンカラーとし、ボディサイドにメッキモールディングを追加したもの。内装も、職人の手によって縫製されたレッドの本革張りシートやドアトリム、木目調インテリアキットにより、豪華な雰囲気が演出されている。

グレードは、ソフトトップ・5MTの「ヒミコ クラシックST」と、電動ハードトップ・6ATの「ヒミコ クラシックHT」が用意される。

価格は、「ヒミコ クラシックST」が488.0万円、「ヒミコ クラシックHT」は525.0万円。販売台数は限定20台で、受注生産となる。

(webCG 曽宮)

「ミツオカ・ヒミコ クラシック」
「ミツオカ・ヒミコ クラシック」 拡大

光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車の画像 拡大

光岡、卑弥呼に2トーンの特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.6.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。
  • ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【試乗記】 2007.8.31 試乗記 ミツオカ・オロチ(MR/5AT)
    ……1100.0万円

    “免許取り立ての人でもすぐに乗れるスーパーカー”がコンセプトの「ミツオカ・オロチ」。その真意を探る。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る