「スバル・インプレッサXV」がデビュー【ジュネーブショー2010】

2010.03.05 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】スバル、「インプレッサ」ベースのクロスオーバー「インプレッサXV」を公開

富士重工業は2010年3月2日、「スバル・インプレッサ」の派生モデル「インプレッサXV」を、ジュネーブショーで公開した。

■“アウトバック風”のインプレッサ

「インプレッサXV」は、5ドアハッチのインプレッサをベースに、内外装をSUV仕立てにした、スバルの新しい“エントリークロスオーバー”だ。

カスタムの手法は、レガシィのクロスオーバー版「アウトバック」に見られる方法とほぼ同じで、アウトドアをイメージした新意匠のバンパーやグリル、オーバーフェンダー、ルーフレールなどにより、タフなイメージを演出。これら専用エクステリアパーツの装着で、ボディサイズは全長×全幅×全高=4430(+15mm)×1770(+30mm)×1520mm(+45mm)と標準モデルより若干サイズアップしている(カッコ内はベース車との比較)。

インテリアは基本的にはベースモデルと共通だが、シートのインサートやドアトリムのステッチにダークブラウンのカラーをあしらうことで、アクティブな雰囲気が演出された。

欧州向けモデルに設定されるエンジンは、2リッターガソリン水平対向4DOHCと、2リッターディーゼル水平対向4DOHCターボの2種類で、前者が最高出力150ps/6400rpm、最大トルク20.0kgm/3200rpm、後者は最高出力150ps/3600rpm、最大トルク35.7kgm/1800-2400rpmを発生。トランスミッションは、ガソリンには5MTと4AT、ディーゼルには6MTが組み合わされる。

駆動方式は全車4WDを採用。ベースモデル同様、MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式、AT車はアクティブトルクスプリット方式となっている。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
インプレッサXV, スバル, ジュネーブモーターショー2010, イベント, 自動車ニュース

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る