シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジ

2012.10.04 自動車ニュース

「シトロエンC5/C5ツアラー」のロゴが新形状に

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年10月4日、マイナーチェンジが施されたシトロエンのセダン「C5」とそのワゴンバージョン「C5ツアラー」を発売した。

2008年10月に国内販売が始まった、2代目「シトロエンC5/C5ツアラー」。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやホイールキャップ、ステアリングホイールなどに配されるエンブレム(ダブルシェブロン)が、やや丸みを帯びた新形状のものに変更された。

さらに、ボディーカラーに茶系の新色「ブラン ガラン」が設定されたほか、エントリーグレードの「C5セダクション」と「C5ツアラー セダクション」には、新デザインの17インチアロイホイールが与えられた。

寸法やエンジンの仕様などに変更はない。

価格も据え置きで、以下のとおり。

・C5セダクション:399万円
・C5エクスクルーシブ:449万円
・C5ツアラー セダクション:419万円
・C5ツアラー エクスクルーシブ:469万円

(webCG 関)

「シトロエンC5ツアラー」
「シトロエンC5ツアラー」 拡大
 
シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジの画像 拡大
 
シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
C5, C5ツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • ホンダADV150(MR/CVT)【レビュー】 2020.7.22 試乗記 個性的なデザインをまとうホンダの新型スクーター「ADV150」。しかし、カッコだけの小型バイクと侮るなかれ。それはあらゆる道が“遊び場”に感じられるほどの、最高にファン・トゥ・ライドな一台だった。
ホームへ戻る