シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジ

2012.10.04 自動車ニュース

「シトロエンC5/C5ツアラー」のロゴが新形状に

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年10月4日、マイナーチェンジが施されたシトロエンのセダン「C5」とそのワゴンバージョン「C5ツアラー」を発売した。

2008年10月に国内販売が始まった、2代目「シトロエンC5/C5ツアラー」。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやホイールキャップ、ステアリングホイールなどに配されるエンブレム(ダブルシェブロン)が、やや丸みを帯びた新形状のものに変更された。

さらに、ボディーカラーに茶系の新色「ブラン ガラン」が設定されたほか、エントリーグレードの「C5セダクション」と「C5ツアラー セダクション」には、新デザインの17インチアロイホイールが与えられた。

寸法やエンジンの仕様などに変更はない。

価格も据え置きで、以下のとおり。

・C5セダクション:399万円
・C5エクスクルーシブ:449万円
・C5ツアラー セダクション:419万円
・C5ツアラー エクスクルーシブ:469万円

(webCG 関)

「シトロエンC5ツアラー」
「シトロエンC5ツアラー」 拡大
 
シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジの画像 拡大
 
シトロエンC5/C5ツアラーがマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
C5, C5ツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.12.28 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……682.0万円

    2006年10月25日、大型サルーン「C6」がデビューし、新世代の“Cラインナップ”ができあがったシトロエン。ひと目でわかる奇抜なデザインが印象的だが、乗ってもほかと違うシトロエンらしさがあるのか。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る