トヨタ、「カローラルミオン」の燃費を向上

2009.12.22 自動車ニュース

トヨタ、「カローラルミオン」の燃費を向上

トヨタ自動車は2009年12月22日、「カローラルミオン」をマイナーチェンジし、発売した。

■全車エコカー減税に適合

今回の改良では、1.8リッター車にバルブのリフト量を連続的に変化させる「バルブマチック」を採用し、さらにトランスミッションにスーパーCVT-iを組み合わせるなどして、燃費を向上させた。また、1.5リッター車についても、アイドリング時のエンジン負荷低減により燃料消費量を改善した。

1.8リッター車の燃費(10・15モード)は、FFが16.6km/リッターで、4WDは15.0km/リッター。従来型と比べると、それぞれ1.2km/リッター、0.6km/リッター向上している。1.5リッター車(FFのみ)は、従来比+0.4km/リッターとなる16.6km/リッターを達成した。

これらの改良により、1.8リッターFF車と1.5リッター車は、平成22年度燃費基準+25%を達成。自動車税と重量税の割引率は、50%から75%へとアップした。また、1.8リッター4WD車は50%減税の対象となった。

■内外装をリフレッシュ

同時に、内外装にも手が加えられた。新デザインのフロントバンパーやグリルのほか、リアガーニッシュコンビネーションランプを採用。新意匠のアルミホイールやホイールキャップも採り入れた。

さらにスポーツタイプのシートを全車に標準装着したほか、グレードによりアームレスト型コンソールボックスや高輝度シルバー塗装のインパネクラスター、ピアノブラック塗装のシフトパネルなどを採用した。

ラインナップは、1.5Xにエアロツアラーが、1.8リッター4WD車には1.8Xが加わり、1.5リッター車が3グレード(FFのみ)、1.8リッター車には3グレード5タイプ(FFが2タイプ、4WDは3タイプ)が用意される。

価格は、1.5リッター車が169万円から184万円、1.8リッター車は199万円から232万9000円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
カローラ ルミオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ ルミオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • 第173回:ケモノのような欲望 2020.4.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第173回は「ケモノのような欲望」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」に試乗! 初代「プリウス」に「アクア」と、2台のトヨタ製ハイブリッドカーを乗り継いできた筆者は、このクルマのデキをどう評価する?
ホームへ戻る