「トヨタ・カローラルミオン」の特別仕様車発売

2012.05.09 自動車ニュース

トヨタ、「カローラルミオン」にスポーティー仕立ての特別仕様車を設定

トヨタ自動車は2012年5月8日、「カローラルミオン」に特別仕様車を設定し、発売した。

今回の特別仕様車「1.5G“On B Limited”」「1.8S“On B Limited”」は、「1.5G」「1.8S」をベースに、ブラック基調のインテリアやエアロパーツを採用することで、スポーティーなイメージに仕立てられている。

エクステリアには、フロントスポイラー、サイドマッドガード、リアバンパースポイラー、リアルーフスポイラー、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ(メッキ)、リアコンビネーションランプ(メッキ)を装備。

インテリアは「ブラックを基調としたクールな内装」をイメージに、シンセティックレザーのシート表皮(ホワイトステッチ入り)/ドアトリム/コンソールボックス、本革巻きの3本スポークステアリング/シフトノブ(ホワイトステッチ入り)、ピアノブラック塗装されたインパネセンタークラスター/ドアスイッチパネル、ブラックパネル4連メーターが配された。

そのほか、スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア)&スタートシステム/盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)も装備する。

ボディーカラーは特別設定のディープアメジストマイカメタリックのほか、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)、シルバーメタリック、ブラックマイカの全4色。

価格は、「1.5G“On B Limited”」(FF)が198万円、「1.8S“On B Limited”」(FF)が213万円、 「1.8S“On B Limited”」(4WD)が231万9000円。

(webCG)

「カローラルミオン 1.8S“On B Limited”」
「カローラルミオン 1.8S“On B Limited”」 拡大

関連キーワード:
カローラ ルミオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ ルミオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る