「トヨタ・カローラルミオン」の特別仕様車発売

2012.05.09 自動車ニュース

トヨタ、「カローラルミオン」にスポーティー仕立ての特別仕様車を設定

トヨタ自動車は2012年5月8日、「カローラルミオン」に特別仕様車を設定し、発売した。

今回の特別仕様車「1.5G“On B Limited”」「1.8S“On B Limited”」は、「1.5G」「1.8S」をベースに、ブラック基調のインテリアやエアロパーツを採用することで、スポーティーなイメージに仕立てられている。

エクステリアには、フロントスポイラー、サイドマッドガード、リアバンパースポイラー、リアルーフスポイラー、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ(メッキ)、リアコンビネーションランプ(メッキ)を装備。

インテリアは「ブラックを基調としたクールな内装」をイメージに、シンセティックレザーのシート表皮(ホワイトステッチ入り)/ドアトリム/コンソールボックス、本革巻きの3本スポークステアリング/シフトノブ(ホワイトステッチ入り)、ピアノブラック塗装されたインパネセンタークラスター/ドアスイッチパネル、ブラックパネル4連メーターが配された。

そのほか、スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア)&スタートシステム/盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)も装備する。

ボディーカラーは特別設定のディープアメジストマイカメタリックのほか、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)、シルバーメタリック、ブラックマイカの全4色。

価格は、「1.5G“On B Limited”」(FF)が198万円、「1.8S“On B Limited”」(FF)が213万円、 「1.8S“On B Limited”」(4WD)が231万9000円。

(webCG)

「カローラルミオン 1.8S“On B Limited”」
「カローラルミオン 1.8S“On B Limited”」 拡大

関連キーワード:
カローラ ルミオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ ルミオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第173回:ケモノのような欲望 2020.4.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第173回は「ケモノのような欲望」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」に試乗! 初代「プリウス」に「アクア」と、2台のトヨタ製ハイブリッドカーを乗り継いできた筆者は、このクルマのデキをどう評価する?
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る