第104回:世界を制覇した“普通のクルマ”
トヨタを支える「カローラ」の開発思想

2021.07.07 自動車ヒストリー 日本の大衆車から世界のベストセラーへと成長を遂げた「トヨタ・カローラ」。ライバルとの販売争いを制し、累計販売台数4000万台という記録を打ち立てたその強さの秘密とは? トヨタの飛躍を支え続けた、“小さな巨人”の歴史を振り返る。

「T型」「ビートル」に続いての大記録達成

1983年はトヨタにとって意義深い年となった。1935年の「G1型トラック」から始まる自動車生産台数が、累計で4000万台を超えたのだ。同時に達成したのが、カローラの累計生産1000万台である。全生産台数の実に4分の1が、この大衆車だったことになる。トヨタにとってカローラがいかに大切な存在であるかを如実に示すデータだ。

カローラ以前に累計生産台数1000万台を達成していたモデルは、「フォルクスワーゲン・タイプI」(ビートル)と「T型フォード」のみだ。このうち、T型フォードは誕生から16年4カ月をかけて、1924年に記録を樹立した。カローラは1966年11月から1983年3月にかけて1000万台を生産しており、くしくもT型フォードと同じ16年4カ月を要している。

カローラが誕生した1966年は“マイカー元年”と呼ばれている。4月に日産から「サニー」が、11月にトヨタからカローラが発売されたからだ。この2台の競い合いが、日本のモータリゼーションを強力に推し進めていくことになる。一部の高所得者層のものだった小型乗用車が、ようやく庶民にも手の届くものになったのだ。

1955年に日本初の本格的乗用車というべき「トヨペット・クラウン」が登場したが、需要の多くはタクシーなどに占められていた。1960年代に入ると、ひとまわり小型の「ダットサン・ブルーバード」と「トヨペット・コロナ」の間で激しい販売競争が繰り広げられ、“BC戦争”と呼ばれる販売競争がぼっ発する。加えて、簡便な軽自動車の登場が自動車ユーザーの裾野を広げていった。1958年発売の「スバル360」は効率的なパッケージングで人気となり、「マツダ・キャロル」や「ホンダN360」などがそれに続いた。

トヨタは大衆向けの小型車市場を早くから重視しており、新型車の開発を進めていた。1961年にデビューした「パブリカ」がその成果である。38万9000円という期待以上の価格の安さで注目を集めたが、販売は思ったようには伸びなかった。合理的な設計を採用した意欲的なモデルであっても、ユーザーの要求からはズレていたのである。大衆車にも豪華さが欲しいと人々は感じていた。

初代「トヨタ・カローラ」のラインオフ式の様子。同車は日本でのヒットにとどまらず、世界的なベストセラーに成長した。
初代「トヨタ・カローラ」のラインオフ式の様子。同車は日本でのヒットにとどまらず、世界的なベストセラーに成長した。拡大
「カローラ」のライバルである「ダットサン・サニー」(初代)。両モデルの登場した1966年は、“マイカー元年”と呼ばれた。
「カローラ」のライバルである「ダットサン・サニー」(初代)。両モデルの登場した1966年は、“マイカー元年”と呼ばれた。拡大
1955年に登場した初代「クラウン」。日本初の本格的な国産乗用車だったが、その多くはタクシーなどに用いられた。
1955年に登場した初代「クラウン」。日本初の本格的な国産乗用車だったが、その多くはタクシーなどに用いられた。拡大
手ごろな価格で注目を集めた「パブリカ」だが、マイカーに豪華さを求めるユーザーには受け入れられなかった。写真はトヨタ博物館の収蔵車。
手ごろな価格で注目を集めた「パブリカ」だが、マイカーに豪華さを求めるユーザーには受け入れられなかった。写真はトヨタ博物館の収蔵車。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • ドリキン土屋圭市「フィットe:HEV Modulo X」を語る 2021.9.13 こだわりの最新Modulo X<AD> ただのコンパクトカーじゃない。カッコだけのスポーツ仕様でもない。「フィットe:HEV Modulo X」だから味わえる気持ちいい走りの秘密について、開発に関わった土屋圭市氏が熱く語った。
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
ホームへ戻る