「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

2009.12.18 自動車ニュース

「マツダ・キャロル」、丸くて広い新型へ

マツダは、軽乗用車「キャロル」をフルモデルチェンジし、2009年12月17日に発売した。

「マツダ・キャロル」は目下、「スズキ・アルト」のOEMモデルとなるクルマ。12月16日にアルトがフルモデルチェンジしたのを受けて、こちらも新型にバトンタッチすることになった。

クルマとしての内容は、新型「アルト」に準拠するもので、「愛着がわく、親しみやすいエクステリア」「広々感のあるインテリア」「軽量化やCVTの改良による経済性」などをウリとする。
全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」に適合しており、4ATモデルが「平成22年度燃費基準+15%」を、CVTモデルと5MTモデルが同+25%を達成。すべてがエコカー減税の対象になっている。

スタート価格はアルトよりも16万円ほど高く、「GS」(FF/5MT)の89万9850円から「XS」(4WDCVT)の116万7600円まで。月間の目標販売台数は800台(アルトは7000台)だ。

(webCG 関)

新型「マツダ・キャロル」
新型「マツダ・キャロル」 拡大
インテリアの各所も丸みを帯びたデザインに。
インテリアの各所も丸みを帯びたデザインに。 拡大

関連キーワード:
キャロル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ キャロル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成 2013.12.19 自動車ニュース マツダが、燃費を35.0km/リッターに改善した「キャロル エコ」を発売した。
  • マツダが新型「フレアクロスオーバー」を発表 姉妹車「スズキ・ハスラー」と同様にさまざまな領域を強化 2020.1.29 自動車ニュース マツダは2020年1月29日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を全面改良し、同年2月27日に発売すると発表した。姉妹モデル「スズキ・ハスラー」と同様に、充実した運転支援システムも新型モデルのセリングポイントとなる。
  • 「オートモビル カウンシル2018」の会場から(主催者展示) 2018.8.4 画像・写真 「CLASSIC MEETS MODERN」というイベントのテーマをクルマで表現。「オートモビル カウンシル2018」の会場から、主催者展示の新旧「アルピーヌA110」を写真で紹介する。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
ホームへ戻る