ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジ

2012.10.12 自動車ニュース

ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、SUVの「CR-V」をマイナーチェンジし、2012年10月11日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグなどを全車に標準装備としたほか、ボディーカラーに「オブシダンブルー・パール」などが追加され、全6色のカラーバリエーションとなった。

また、純正ナビゲーション(ホンダインターナビ+リンクアップフリー+センターディスプレイ+ナビゲーション連動ETC車載器)と本革シート(運転席&助手席シートヒーター+運転席8ウェイパワーシート+運転席ランバーサポート)を標準装備とした「レザーパッケージ」が設定された。

価格は、2リッターFFの「20G」が250万円、「20Gレザーパッケージ」が300万円。2.4リッター4WDの「24G」が277万円、「24Gレザーパッケージ」が327万円。

(工藤考浩)

「ホンダCR-V」
「ホンダCR-V」 拡大
新色の「オブシダンブルー・パール」
新色の「オブシダンブルー・パール」 拡大

ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジの画像 拡大
「CR-V 20Gレザーパッケージ」のインテリア。
「CR-V 20Gレザーパッケージ」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • 「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場 2020.6.18 自動車ニュース ホンダがミドルサイズSUV「ホンダCR-V」をマイナーチェンジ。内外装の仕様を変更したほか、黒基調のインテリア・エクステリア装飾を特徴とする新たな最上級グレード「EX・ブラックエディション」を設定した。価格は336万1600円から455万8400円。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
ホームへ戻る