29万円分おまけ! 「シトロエンC4」に装備充実の特別仕様車

2009.11.16 自動車ニュース

29万円分おまけ! 「シトロエンC4」に装備充実の特別仕様車

プジョー・シトロエン・ジャポンは、特別仕様車「シトロエンC4 1.6 Limited 90 ANS」を2009年11月16日に発売した。90台限定。

今回の特別仕様車は、シトロエン創業90周年を記念したもの。「シトロエンC4」のエントリーモデル「1.6」がベースとなる。パノラミックガラスルーフ、フロント&リアスカッフプレート、専用エンブレムで外装をドレスアップし、機能面でもフロントパーキングアシスタンス、ポータブルナビゲーション、VICSビーコン、ETCが標準で備わる。

総額29.0万円相当の装備を追加しながら、価格は据え置きの269.0万円。なお、ボディカラーは、「ブルー イパネマ」「ルージュ ルシフェール」、「マティボアール」の3色が用意される。

また、ベースの「C4 1.6」にも、フォグランプ周りのクロームアクセントやサングラスホルダーを追加し、シート形状やシート地を改めるなど、若干の仕様変更が実施された。
なお、C4の他グレード「1.6T エクスクルーシブ」「1.6 VTR」に装備、仕様の変更はない。

(webCG 関)

「シロトエンC4 1.6 Limited 90 ANS」
「シロトエンC4 1.6 Limited 90 ANS」 拡大

関連キーワード:
C4, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
ホームへ戻る