ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

2009.09.15 自動車ニュース

ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

光岡自動車は2010年モデルの「オロチ」と「ヒミコ」を発表。2009年9月16日から販売を開始する。

■オロチは最大で244万円値下げ

ファッションスーパーカー「オロチ」2010年モデルの変更点は、左ハンドル車の追加とボディカラーの変更、さらに大幅な値下げが図られたこと。

ボディカラーは、ブラックメタリックに新色2種(パープルパールとシルバーメタリック)を加えた3色展開となる。カラーオプションとして、ほかに9色から選ぶことも可能だ。価格は従来モデルの1092.0万円から大きく値下げされ、標準モデルが878.0万円。カーナビを省略した「ナビレス仕様」も登場し、こちらは848.0万円に設定される。値下げの理由は、製造原価軽減によるものだという。
さらに、新たに左ハンドル車を設定し、海外での販売も強化していく考えだ。

■ヒミコにはグレード追加

クラシックタイプのオープン2シーター「ヒミコ」の2010年モデルには、ハードトップ仕様に加えて、幌仕様がラインナップに加わった。追加された幌仕様は5MTと6MTのみとなる。
ボディカラーは、スタンダードカラーに新色「雲切草」(ブリティッシュグリーンメタリック)が加わり、全3色へ。こちらもカラーオプションで、ほかに30色から選ぶこともできる。

価格は幌仕様が458.0万円と485.0万円、ハードトップ仕様が495.0万円から562.0万円まで。
なお、この2010年モデルを年内に成約すると、内装木目調セット(約10万円分)がプレゼントされる。

(webCG 本諏訪)

「ミツオカ・オロチ」
「ミツオカ・オロチ」 拡大
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大

関連キーワード:
ヒミコ, オロチ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • フォルクスワーゲンは新型「ゴルフ」に注目!【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.22 自動車ニュース すでに本国では新型「ゴルフ」や電気自動車「ID.3」などがデビューし、国内導入のタイミングが気になるフォルクスワーゲン。日本のインポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンに2021年の取り組みについて聞いてみた。
ホームへ戻る