「日産GT-R」、2013年モデルはさらに進化

2012.11.02 自動車ニュース

「日産GT-R」、2013年モデルはさらに進化

日産自動車は2012年11月2日、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」の2013年モデルを11月19日に発売すると発表した。

今回発売される2013年モデルは、今年参戦したニュルブルクリンク24時間レースからのフィードバックにより、走りの性能がさらに進化。エンジンは燃料噴射量を高精度に制御できる高出力用インジェクターの採用や、ターボチャージャー、オイルパンの改良などにより、中回転域のレスポンスと高回転域での加速の伸びを向上させたという。

シャシーでは、ロールセンターを下げるとともにスプリングとショックアブソーバー、フロントスタビライザーの仕様を変更したほか、ドライブシャフトからハブベアリングの締結トルクを高めるなどして、超高速走行時の走行安定性とサーキット走行時における高負荷時の信頼性を向上。ボディーもダッシュパネルバー2カ所とインストメンバー部にレインフォースを追加するなどして、車体剛性を向上している。

インテリアも手が加えられており、「プレミアムエディション」ではブラックとアンバーレッドのファッショナブルインテリアをオプション設定したほか、フロントシートを手縫いのセミアリニン本革製に変更。「ブラックエディション」ではブラックとレッドのスポーティーなステアリングホイールを採用したほか、レカロ製カーボンバケットシートをオプション設定。「ピュアエディション」も、ステッチの色を変更し、ドアトリムやインストパッドの縫い目のピッチを拡大することで、質感の向上が図られた。

このほかにも、「ブラックエディション」と「プレミアムエディション」にはバックビューモニターを標準装備。「ブラックエディション」には、ドライカーボン製リアスポイラーとレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールをセットでオプション設定した。

価格は「ピュアエディション」が875万7000円、「ブラックエディション」が963万9000円、「プレミアムエディション」が978万6000円、「エゴイスト」が1516万8300円。

(webCG)

2013年モデルの「日産GT-R ピュアエディション」
2013年モデルの「日産GT-R ピュアエディション」 拡大
「プレミアムエディション」
「プレミアムエディション」 拡大
「日産GT-R」、2013年モデルはさらに進化の画像 拡大
「プレミアムエディション」の内装には、新たにブラック/アンバーレッドの2トーンのファッショナブルインテリアを設定。
「プレミアムエディション」の内装には、新たにブラック/アンバーレッドの2トーンのファッショナブルインテリアを設定。 拡大
「ブラックエディション」のインパネまわり。
「ブラックエディション」のインパネまわり。 拡大
「ブラックエディション」のシート。
「ブラックエディション」のシート。 拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪” 2020.12.28 デイリーコラム ニスモが名車「日産スカイラインGT-R」のレストア事業に着手! メーカーによるレストアや部品供給サービスの拡充は、ファンの愛車維持や中古車市場にどのような影響をもたらすのか? 各メーカーの取り組みとともに解説する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る