ホンダ、「フリード」シリーズを一部改良

2012.11.22 自動車ニュース

ホンダ、「フリード」シリーズを一部改良

本田技研工業は2012年11月22日、「フリード」「フリードスパイク」「フリードハイブリッド」「フリードスパイクハイブリッド」を一部改良し、発売すると発表した。

「ホンダ・フリード」シリーズの変更点は以下の通り。

「フリード」「フリードスパイク」
・「Gジャストセレクション」のFF車がエコカー減税の対象車に。
・「Gジャストセレクション」にディスチャージヘッドライトを標準装備。
・「Gジャストセレクション」「Gエアロ」にセキュリティーアラームを標準装備。

「フリードハイブリッド」「フリードスパイクハイブリッド」
・全タイプにディスチャージヘッドライトを標準装備。
・「ジャストセレクション」にリア右側パワースライドドア(フリードハイブリッドのみ)、スマートキーシステム、イモビライザーを標準装備。

価格は「フリードG」「フリードスパイクG」(FF/CVT)の169万8000円から、「フリードGエアロ」(4WD/5AT)の233万500円まで。

(工藤考浩)

「フリードハイブリッド」
「フリードハイブリッド」 拡大
「フリードスパイクハイブリッド」
「フリードスパイクハイブリッド」 拡大

関連キーワード:
フリード, フリードスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る