アウディA5に「カブリオレ」が登場

2008.12.04 自動車ニュース

アウディA5に「カブリオレ」が登場

独アウディAGは、アウディA5シリーズのラインナップに、新たにカブリオレモデルを追加し、2009年第二四半期に発売すると発表した。

■いまあえてソフトトップ

「アウディA5カブリオレ」は、従来の「A4カブリオレ」の後継にあたるミドクラスの4人乗りオープンモデルだ。

注目のルーフには、ファブリック製のソフトトップを採用した。このクラスのオープンカーには、ハードトップのクーペカブリオレが増えてきているが、インゴルシュタットの自動車メーカーは、軽量に仕上げられることや重心を下げられること、スタイリングを美しく仕上げられることなどを理由に、ソフトトップを採用。ミュンヘンの自動車メーカー(BMW)に対抗する。

A5のソフトトップは、3層構造の外側、アウターのカラーを4色から選択可能とし、インナーにも3色を設定。ボディ色との多様な組み合わせを実現した。これもソフトトップならではの特徴を活かしたセリングポイントといえるだろう。

トップは電動開閉式。開閉に要する時間は、オープン時に15秒、クローズ時は17秒という速さを実現。さらに時速50km/h以下であれば走行中でも操作可能になっている。

新型A5カブリオレには、「アコースティック・トップ」と呼ばれるオプションが用意される。これは3層レイヤーの真ん中の素材に最大15mm厚の特製防音素材を採用し、ハードトップに迫る静粛性を実現したとする豪華版ルーフのこと。この仕様を選ぶと、天井にリアシート用ライトまで装備される。

トランクルームの容量は、ルーフを閉めた状態で380リットル。オープン時には320リッターを確保。ミュンヘンのカブリオレ(クローズ時:350リッター/オープン時:210リッター)を凌駕した。

バリエーションは、1.8TFSI(160hp)、2.0TFSI(180hp)、3.2FSI(265hp)など、計8モデルが設定される(ディーゼルを含む)。トップモデルには、3リッタースーパーチャージャー(333hp)搭載の「S5」が君臨する。

(webCG 曽宮)

アウディA5カブリオレ
アウディA5カブリオレ 拡大
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像 拡大
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像 拡大
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像 拡大
アウディS5カブリオレ
アウディS5カブリオレ 拡大

関連キーワード:
A5カブリオレ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A5カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る