ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

2008.09.18 自動車ニュース

ジェッタとゴルフヴァリアント、7段ギアで燃費向上

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」系2モデルについて、トランスミッション「DSG」を6段から7段に変更。2008年9月18日に発売した。

今回変更が実施されたのは、ワゴンモデルの「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」と、スポーティセダン「ジェッタ TSI コンフォートライン」。ともに、ターボとスーパーチャージャーを併せ持つ1.4リッターエンジンを搭載するモデルだ。

従来、トランスミッションには湿式の6段DSGを組み合わせていたが、このたび乾式の7段DSGにバトンタッチ。10・15モード燃費を7%改善(14.0→15.0km/リッター)させ、ユーザーの低燃費志向に対応したという。
なお、最大トルクこそ24.5kgmで変わらないものの、エンジンの最高出力は170psから160psに若干ダウンした。

カーオーディオのデザインを一新し、外部入力端子を追加するなど機能を強化したのも変更点。

価格はともに3.0万円アップして、「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」が302.0万円。「ジェッタ TSI コンフォートライン」が300.0万円。
ゴルフヴァリアントの「TSI スポーツライン」「TSI トレンドライン」、ジェッタの「2.0 TSI スポーツライン」といった他グレードについては、装備、価格とも変更なし。

(webCG 関)

「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「ゴルフヴァリアント TSI コンフォートライン」
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
「フォルクスワーゲン・ジェッタ」(写真は欧州仕様車)
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。
今回新たに組み合わされる、7段「DSG」(のカット図)。

関連キーワード:
ジェッタ, ゴルフヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ジェッタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(フォルクスワーゲン) 2018.3.30 画像・写真 フォルクスワーゲンはニューヨークショー2018の会場に、コンセプトモデル「アトラス クロススポーツ コンセプト」や新型「ジェッタ」を出展した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2018.1.17 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2018年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2018年1月14日~28日)で、新型「ジェッタ」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン「ジェッタ」など3車種に特別仕様車設定 2010.1.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年1月25日、「パサートヴァリアント」「ジェッタ」「ゴルフ トゥーラン」に特別仕様車「プライムエディション」を追加設定。2月5日に発売する。いずれのモデルも平成22年度燃費基準をクリアすることで、環境対応車普及促進対策費補助金(13年超の廃車を伴う新車購入補助金)の対象車となっている。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 2014.4.18 画像・写真 フォルクスワーゲンがNYショーで公開した新型「ジェッタ」を写真で紹介。
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
ホームへ戻る