「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

2008.09.02 自動車ニュース

「トヨタ・アリオン」にスタイリッシュな特別仕様車

トヨタは、ミディアムセダン「アリオン」に特別仕様車「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」と「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」を設定し、2008年9月2日に発売した。

ベースとなるのは、カラーバックモニターや、オプティトロンメーターなどが装備される1.5リッターの「A15“Gパッケージ”」と、1.8リッターの「A18“Gパッケージ”」。

フロントグリルに専用グレーメタリック加飾を施したほか、専用ドアスカッフプレートやディスチャージヘッドランプを追加装備。1.5リッターモデルには、フロントフォグランプが備わる。
インテリアでは、本革巻き・木目調ステアリングや本革巻きシフトノブなどが装備される。

ボディカラーは、特別仕様車専用のグレーメタリックを含む全4色を設定。
価格は、 「A15“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は、ベース車より3万1500円高い185万8500円(FF)、「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション”」は2万1000円高で202万6500円/223万6500円(FF/4WD)となる。

(webCG ワタナベ)

「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション
「A18“Gパッケージ スタイリッシュエディション

関連キーワード:
アリオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アリオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る