仏プジョー、「407」シリーズを一部改良

2008.06.04 自動車ニュース

仏プジョー、407シリーズを一部改良

仏プジョーが、「407」シリーズに一部変更を施し、ヨーロッパで2008年夏に販売を開始すると発表した。

■新フロントグリルを採用

一部改良が予定されているのは、「407セダン」と「407SW」の2モデル(クーペ407は該当せず)。エクステリアの意匠変更のほか、環境性能を高めた新エンジンの搭載が主な改良点だ。

エクステリアについては具体的な記述はないが、写真をみる限り現行モデルと明らかに違うのは、フロントグリルとリアコンビランプ。フロントグリルは最近デビューした308シリーズ同様に、内部に格子状のラフメッシュを採用。リアコンビランプは一部にクリア処理が施されているが、形状そのものは変わっていない模様。

メカニズム面では、改良型の「2リッターHDi」が搭載される。最新のディーゼルでは、出力を3kW(約4ps)向上させつつ、燃費を向上させてCO2排出量を減らした。具体的には、最高出力140psを発生し、燃費は100km走行あたり5.6リッター(17.9km/リッター)、CO2排出量は150g/kmに抑えた。欧州の新世代排出ガス基準ユーロ5に適合するという。

ちなみに欧州ではこの2リッターHDiのほか、出力110ps、CO2排出量140g/kmの「1.6HDi FAP」も設定される。「FAP」とは、排出ガス内の有害物質(特に粒子状物質PM)を低減するディーゼルパティキュレートフィルター装着車を意味である。

また、エタノール85%とガソリン15%を混合した「E85」に対応させた「2リッター バイオフレックス」エンジンも新たに407シリーズに搭載される予定となっている。

(webCG 曽宮)

2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
2008年夏に欧州で発売予定の新型407セダン
407セダン(右)、407SW(左)
407セダン(右)、407SW(左)
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
フロントグリルの「縦線」が目立つようになった。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。
一部にクリア処理が施されたリアコンビランプ。

関連キーワード:
407セダン, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 407セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)/508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • 「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売 2020.10.16 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年10月16日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびそのステーションワゴン版である「508SW」に特別仕様車「プレミアムレザーエディション」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー508 GTライン(後編) 2019.6.6 谷口信輝の新車試乗 「迷っている友達がいたら薦めたい!」 第一級のプロにそこまで言わせる、新型「プジョー508」の長所とは? 一方の“気になるところ”と合わせて、レーシングドライバー谷口信輝の試乗インプレッションをお届けする。
ホームへ戻る