メルセデス「SLK AMG」と「CLS AMG」が一部改良

2008.05.29 自動車ニュース

メルセデス「SLK AMG」と「CLS AMG」が一部改良

新型「SL AMG」と同時に、「SLK」と「CLS」のAMGモデルも改良を受けた。いずれも内外装が一部変更され、機能面も進化した。

■“ダイレクトステアリング”を新たに搭載

SLKの高性能版「SLK55 AMG」とエレガントなスタイルの高性能4ドアクーペ「CLS63 AMG」が、このたび同時に改良を受けた。いずれもエンジンに大きな変更はなく、内外装のリフレッシュがメイン。2008年5月26日にベース車に施されたフェイスリフト・仕様変更が、AMGモデルにも反映されたかたちだ。

SLK55 AMGには、新意匠のフロントリップスポイラー付きバンパー、デュアルツインエキゾースト、ダークティンテッドガラスが採用された。内装では、フラットボトムデザインの3スポークステアリング、新デザインのメーター、HDDナビや地デジ対応AVシステムの操作系を集約したCOMANDシステムが採用されたのが主なトピックである。

シャシーには、“ダイレクトステアリング”が搭載された。これは車庫入れ時などの低速域ではギア比が小さくなる(=少しの操作でよく切れる)設定とし、取り回し性を向上させるもの。高速走行時はギア比がスローな設定に切り替わり、安定性を高める。いわゆる可変ギアレシオステアリングだ。

エンジンは従来どおり、最高出力360ps、最大トルク52kgmを発生する5.5リッターV8SOHCが搭載される。トランスミッションは、パドルシフト付きのAMGスピードシフト(7段AT)が組み合わされる。

SLK 55AMGの価格は、1040万円。

■シフトダウン時に自動ブリッピング

CLSは、フロントグリルのルーバーの数が4本から2本に変更されたほか、新デザインの19インチ・トリプルスポークアルミホイールが採用された。細かなところでは、大型化したドアミラーや新意匠のウインカーレンズも今回のフェイスリフトで変更を受けたポイントだ。

インテリアには、ホワイト基調の新デザインメーターやフラットボトムデザインの3スポークステアリングホイールを新たに採用。前席にはコーナリング時などにホールド性を自動的に最適化するドライビングダイナミックシートを標準装備とした。SLKなどと同様、HDDナビや地デジ対応AVシステムの操作系を集約したCOMANDシステムも標準で備わる。

エンジンはこれまでと変わらず、最高出力514ps、最大トルク64.2kgmを発生する6.3リッターV8DOHCが搭載される。組み合わされる7段ATには、シフトダウン時に回転数をあわせスムーズなシフトダウンを行うブリッピング機能が新たに追加された。

CLS 63AMGの価格は、1520万円。

(webCG 曽宮)

CLS 63AMG
CLS 63AMG
SLK 55AMG
SLK 55AMG
SLK 55AMG
SLK 55AMG
SLK 55AMG
SLK 55AMG
CLS 63AMG
CLS 63AMG
CLS 63AMG
CLS 63AMG

関連キーワード:
CLSクーペ, SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • メルセデス、435psを誇る「AMG 53シリーズ」の受注を開始 2018.9.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年9月6日、直6ターボにISGと電動スーパーチャージャーを組み合わせ、435psの最高出力を発生する「AMG 53シリーズ」を「Eクラス」と「CLS」に新設定し、注文受け付けを開始した。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • 「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+/AMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」が日本上陸 2019.11.12 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年11月12日、「メルセデス・ベンツCLA」と「CLAシューティングブレーク」のモデルラインナップに「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」および「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」を追加設定すると発表した。
ホームへ戻る