VW、「up!」に5ドア版を追加

2012.01.25 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「up!」に5ドア版を追加

独フォルクスワーゲンは2012年1月23日、スモールカー「up!(アップ)」の5ドア仕様の概要を発表した。

「up!」5ドア仕様のラインナップは3ドア仕様に準じる。1リッター3気筒のガソリンエンジンには60psと75psがあり、装備レベルによって5種類のグレードが用意される(ドイツ市場の場合)。

また、コンパクトなボディーサイズについても変更はなく(全長×全幅×全高=3540×1641×1478mm)、室内の広さについても両仕様で同じという。

ただし車体後部にドアが2枚追加されたことにより、外観は若干の変更を受けた。サイドウィンドウの後端が、3ドア仕様では上方に跳ね上がっているが、5ドア仕様では直線的なデザインとされた。見た目の印象を大きく左右するフロントとリアについては変更はない。

ドイツでは2012年5月に発売する予定だが、3月に先行販売を行う予定という。価格はESP込みで1万325ユーロ(約104万円)から。3ドア仕様と比較して475ユーロ(約4万8000円)高い。他のヨーロッパ市場では初夏に販売が始まる予定。

(webCG 竹下)

フォルクスワーゲンup!(5ドア仕様)
フォルクスワーゲンup!(5ドア仕様) 拡大

VW、「up!」に5ドア版を追加の画像 拡大

VW、「up!」に5ドア版を追加の画像 拡大

VW、「up!」に5ドア版を追加の画像 拡大

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • フォルクスワーゲンの2021年ニューモデル導入計画が明らかに 2021.2.9 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年2月9日、オンライン発表会を開催。同年予定している新型「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」、改良型「パサート」「アルテオン」の導入プランを明らかにした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
ホームへ戻る