シボレー・ソニックにJBLスピーカー搭載の限定車

2012.01.31 自動車ニュース

「シボレー・ソニック」にJBLスピーカー搭載の限定車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、シボレーのコンパクトカー「ソニック」に特別仕様車「JBLサウンドリミテッド」を設定し、2012年2月25日に発売する。

「JBLサウンドリミテッド」は、「ソニック」の15インチアルミホイールを装備する「LT」グレードをベースに、プレミアムオーディオブランドであるJBLのスピーカーシステムのほか、フロントフォグランプなどの装備を追加した50台限定の特別仕様車だ。

特別装備の内容は以下のとおり。
・JBL社製8スピーカーシステム
 フロント:2ツイーター、2ウーファー
 リア(コアキシャル・タイプ):2ツイーター、2ウーファー
・フロントフォグランプ
・ボディ同色リアスポイラー
・ショートアンテナ
・“SOUND LIMITED“プレート

価格は、ベースモデルより15万円高い213万円。ボディーカラーはボラカイブルー(メタリック)のみの設定となる。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・ソニック JBLサウンドリミテッド」
「シボレー・ソニック JBLサウンドリミテッド」 拡大

関連キーワード:
ソニック, シボレー, 自動車ニュース

シボレー ソニック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • 第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ 2020.7.3 マッキナ あらモーダ! 世界各地で華々しく導入されたものの、今ひとつパッとしなかった「トヨタiQ」。しかし2020年現在、新天地を見つけて再起を図っているというウワサがある。最新の状況を大矢アキオがリポートする。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る