ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

2012.02.03 自動車ニュース

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露

本田技研工業は2012年2月3日、同社の2012年モータースポーツ活動発表会会場において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」をお披露目した。

NSXコンセプトは、軽量なボディーに次世代V6 VTEC直噴エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」をミドシップレイアウトしたスーパースポーツモデルで、2012年北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にて、「アキュラNSXコンセプト」として世界初公開された。

このNSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、米国での開発・生産が計画されており、2015年までに米国での販売をスタートした後順次グローバル展開される予定となっている。日本においては、ホンダブランドでの発売を予定。日本市場への導入を機にSUPER GTシリーズへの参戦も計画しているという。

NSXコンセプトは、2012年2月4日(土)・5日(日)に、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」にて一般公開される(開館時間:10:00〜18:00)。

(webCG)

「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。
「Hondaウエルカムプラザ青山」に置かれた「NSXコンセプト」。かたわらに立つのは、本田技研工業の伊東孝紳社長。 拡大

ホンダ、 「NSXコンセプト」を国内初披露の画像 拡大
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。
ボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4330×1895×1160mm。 拡大
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。
左右の前輪は独立した2つのモーターで駆動。「Sport Hybrid SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムが採用される。 拡大
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。
アキュラのエンブレムが添えられたデトロイトショーでの公開時と異なり、ボンネットにはホンダマークが輝く。 拡大

関連キーワード:
NSX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その3) 2016.8.25 画像・写真 新型「ホンダNSX」には、3.5リッターターボエンジンと3基のモーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されている。高いスロットルレスポンスとコーナリング性能を実現するという同システムを、写真で紹介する。
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • 第82回:スーパーカーを革新した「NSX」
    常に変化を志向するホンダイズムの体現者
    2020.8.27 自動車ヒストリー スーパーカーの在り方を根底から覆したホンダの名車「NSX」。高い動力性能と快適さを両立する“人間中心のスーパースポーツ”は、どのような経緯で誕生したのか? 衝撃をもって迎えられた和製スーパーカーの歴史を振り返る。
ホームへ戻る