全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

2007.12.14 自動車ニュース

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

ヤナセは、キャデラックDTSをベースにリアキャビンを拡大した「キャデラックDTSリムジン」を、12月14日に発売した。

■アメリカンな豪華内装

ヤナセグローバルモーターズがこのたび発売する「キャデラックDTSリムジン」は、米ゼネラルモーターズ公認のコーチビルダー「フェデラル・コーチ社」が改造を手がけたリムジンモデル。キャデラックのフラッグシップDTSをベースに、リアコンパートメントを1.2mほど延長し、全長を5.3mから6.45mとしたロングボディ仕様だ。

広くなった後席には対面式シートが設置され、フロント2名に加えてリアに6名の、計8名乗車が可能となっている。

日本導入にあたってはヤナセグローバルモーターズがトレンドなどを取り入れながら仕様を決定したそうで、古き良き時代のアメリカ車をイメージさせるホワイトリボン式タイヤをはじめ、クローム塗装アルミホイールの採用やレザー調のビニールトップを採用するなど、アメリカンリムジンならではの雰囲気が演出されている。

内装には、フルフラット機能付きのフルレザーシートを備え、サイドにはウォルナット製コーナーキャビネットを装備。リアキャビンに備わる17インチの大型モニターで、地上デジタル放送を含むTV視聴も可能となっている。さらにストレッチの長さや装備品を自在に選択できるセミオーダーも可能になる予定という。

ヤナセグループとして12年ぶりの販売となるキャデラックDTSリムジン。ホテルやウェディング、レストランなどの送迎車需要を見込み、初年度は年間12台の販売を予定している。

ベース価格は、1680万円となっている。

(webCG 曽宮)


全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

関連キーワード:
DTS, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック DTS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
ホームへ戻る