「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化【ジュネーブショー2012】

2012.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化

伊フェラーリは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で、出力を30ps高めて車重を30kg軽くした「カリフォルニア」の改良モデルを出展する。

新しい「カリフォルニア」のV8直噴エンジンは、新型のエグゾーストマニホールドとエンジンマッピングにより、最高出力490ps、最大トルク51.5kgmを発生。シャシーの製造に最先端のアルミニウム構造技法と組み立て技術が採用されたおかげで、30kgの軽量化が実現したという。これにより動力性能も向上し、0-100km/h加速は従来の4秒に対して、3.8秒に短縮された。

同時に、よりダイナミックなドライビングに応えるため「ハンドリング・スペチアーレ」というオプションパッケージも用意される。電子制御の磁性流体ダンパーが採用され、反応時間が50%短縮。またステアリングのギア比を従来より約10%速めた新しいステアリングギアボックスを搭載することで、より機敏なハンドリング性能を実現したという。

この新しい「カリフォルニア」と「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージのデリバリーは、ヨーロッパから開始される予定。日本仕様では20インチホイールが標準で装備されるという。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノM」が日本上陸 2021年秋にデリバリー開始 2021.1.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、オープントップの2+2シータースポーツ「ポルトフィーノM」の国内導入を発表した。日本仕様車の価格は2737万円で、デリバリーは同年秋に開始される。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る