「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化【ジュネーブショー2012】

2012.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化

伊フェラーリは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で、出力を30ps高めて車重を30kg軽くした「カリフォルニア」の改良モデルを出展する。

新しい「カリフォルニア」のV8直噴エンジンは、新型のエグゾーストマニホールドとエンジンマッピングにより、最高出力490ps、最大トルク51.5kgmを発生。シャシーの製造に最先端のアルミニウム構造技法と組み立て技術が採用されたおかげで、30kgの軽量化が実現したという。これにより動力性能も向上し、0-100km/h加速は従来の4秒に対して、3.8秒に短縮された。

同時に、よりダイナミックなドライビングに応えるため「ハンドリング・スペチアーレ」というオプションパッケージも用意される。電子制御の磁性流体ダンパーが採用され、反応時間が50%短縮。またステアリングのギア比を従来より約10%速めた新しいステアリングギアボックスを搭載することで、より機敏なハンドリング性能を実現したという。

この新しい「カリフォルニア」と「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージのデリバリーは、ヨーロッパから開始される予定。日本仕様では20インチホイールが標準で装備されるという。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90スパイダー 2021.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンは2021年4月2日、オープントップのPHEV「SF90スパイダー」の日本導入を発表した。システム最高出力1000PSの外部充電が行えるハイブリッドパワートレインと、オープンボディーを組み合わせたSF90スパイダーの姿を写真で紹介する。
  • フェラーリのオープンPHEV「SF90スパイダー」上陸 14秒で動作が完了する電動ハードトップを搭載 2021.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年4月2日、オープントップPHEV「SF90スパイダー」の日本導入を発表した。オープン/クローズのアクションがそれぞれわずか14秒で完了するリトラクタブルハードトップを採用している。
  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデル 2021.5.6 自動車ニュース フェラーリが「812コンペティツィオーネ」と、そのオープントップモデルである「812コンペティツィオーネA」を発表。「812スーパーファスト」をベースに動力性能を高めた限定モデルで、フィオラノサーキットでのラップタイムは1分20秒とアナウンスされている。
ホームへ戻る