「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化【ジュネーブショー2012】

2012.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化

伊フェラーリは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で、出力を30ps高めて車重を30kg軽くした「カリフォルニア」の改良モデルを出展する。

新しい「カリフォルニア」のV8直噴エンジンは、新型のエグゾーストマニホールドとエンジンマッピングにより、最高出力490ps、最大トルク51.5kgmを発生。シャシーの製造に最先端のアルミニウム構造技法と組み立て技術が採用されたおかげで、30kgの軽量化が実現したという。これにより動力性能も向上し、0-100km/h加速は従来の4秒に対して、3.8秒に短縮された。

同時に、よりダイナミックなドライビングに応えるため「ハンドリング・スペチアーレ」というオプションパッケージも用意される。電子制御の磁性流体ダンパーが採用され、反応時間が50%短縮。またステアリングのギア比を従来より約10%速めた新しいステアリングギアボックスを搭載することで、より機敏なハンドリング性能を実現したという。

この新しい「カリフォルニア」と「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージのデリバリーは、ヨーロッパから開始される予定。日本仕様では20インチホイールが標準で装備されるという。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー(FR/6MT)【試乗記】 2020.7.28 試乗記 「アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー」は絵に描いたようなクラシックカーだが、実は2020年現在でも1937年式として新車注文が可能な英国車だ。そのカラクリを解き明かすとともに、戦前のスーパーカーの走りを味わってみた。
ホームへ戻る