仏ルノー、新型「トゥインゴR.S.」を発表

2012.02.17 自動車ニュース

仏ルノー、新型「トゥインゴR.S.」を発表

仏ルノーは2012年2月14日、高性能モデル「トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」を発表した。フランスでは2月20日に受注が開始され、3月半ばに発売される予定。

新しい「トゥインゴR.S.」は、2011年9月のフランクフルトモーターショーで発表された「トゥインゴ」のマイナーチェンジ版がベース。ルノーの他のR.S.モデルと同じように、F1マシン風の“ブレード”があしらわれたフロントグリルが与えられるほか、テールゲートスポイラーや、ディフューザー付きリアバンパーなどが装着され、先代型以上にスポーティーな雰囲気が演出されている。

エンジンは従来と同じ、133psを発生する1.6リッター直4の自然吸気ユニット。ただし、CO2排出量が従来比3.2%減の150g/km、燃費が同3%向上の15.4km/リッターに改善されている。

足まわりの設定は、欧州ではロードホールディング性能を重視した「シャシースポール」が標準。ブレーキは強化され、ディスク径は前が280mmで、後ろが240mmとなる。また欧州では、オプションとして車高を4mm下げたよりハードなサスペンション「シャシーカップ」が用意されるほか、「R.S.モニター」と呼ばれる車載テレメトリーシステムも選ぶことができるという。

今回はこのR.S.モデルとあわせて、新しい「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の姿も公開された。こちらは“フランスらしさ”とプレミアム感がより強く押し出され、17インチタイヤ、革内装、オートエアコンなどが標準で装着される。ボディーカラーは青のほか、白、黒、赤も選択可能。

両モデルとも、フランスでは2012年2月20日に受注が開始される予定。現地価格はR.S.が1万6900ユーロ(約177万円)、ゴルディーニR.S.が1万8100ユーロ(約189万円)と発表されている。

(webCG 竹下)

「ルノー・トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」
「ルノー・トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」 拡大
「トゥインゴR.S.」
「トゥインゴR.S.」 拡大
「トゥインゴR.S.」の室内
「トゥインゴR.S.」の室内 拡大
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」 拡大
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の室内
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の室内 拡大

関連キーワード:
トゥインゴR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る