アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場

2007.09.11 自動車ニュース

アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車

アウディジャパンは2007年10月1日から、「A4」「A4アバント」全グレードの標準装備を見直し、同時に特別仕様車「ラグジュアリーライン プラス」「ダイナミックライン プラス」を設定する。

■価格は据え置きで装備を追加

今回の変更点は、従来オプション扱いであったHDDナビゲーションを標準装備したこと。また、以前よりHDDナビゲーションを装着していた「3.2FSIクワトロ」はレザー内装の「SEパッケージ」が標準設定される。

■二種類の特別仕様車が登場

・ラグジュアリーライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」
「SEパッケージ」に加えて、「バイキセノンパッケージ」「ダブルスポークデザインアルミホイール」が装着される。価格は、各グレードとも従来より30万円高。409〜514万円。

・ダイナミックライン プラス
設定グレード:「2.0」「1.8T」「2.0TFSIクワトロ」「3.2FSIクワトロ」
「SEパッケージ」に、「S-Line」パッケージを加えて標準装備とした。ホイールは18インチの7ツインスポークアルミホイールとなる。価格は各グレードとも従来より39万円高。418〜657万円。

「SEパッケージ」とは本皮シートやウッドパネルなどを備える、ラクシャリーなパッケージ。「S-lineパッケージ」とはエアロやスポーツサスペンションなどが装着されるスポーティなパッケージとなる。詳細はアウディジャパン公式サイトにて。

2007年11月に本国ドイツでフルモデルチェンジが予定されている「A4」。日本におけるフルモデルチェンジもそう遠くはないだろう。完成度の高いモデル末期の「A4」を待っていた人に朗報である。

(webCG 玉城)

 
アウディ「A4」「A4アバント」装備見直し&お買い得な特別仕様車登場の画像

関連キーワード:
A3, アウディ, A4, 自動車ニュース

アウディ A3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.25 試乗記 日本上陸当初はスポーティーグレードのみをラインナップしていた「ルノー・メガーヌ」だが、マイナーチェンジを機に装備充実の標準グレードに一本化されている。果たしてその走りは退屈か!? ステーションワゴンの「スポーツツアラー」で確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(前編) 2021.10.17 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「アウディS3スポーツバック」に試乗。ハイパワーエンジンとクワトロ=4WDで武装した新世代のプレミアムコンパクトカーを、山野はどうジャッジするのだろうか。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る