「フランクフルトショー2017」の会場から(ルノー)

2017.09.15 画像・写真

2017年9月12日に開幕したフランクフルトショーで、ルノーは新型「メガーヌ ルノー・スポール」を世界初公開した。従来の2リッターターボから1.8リッターターボへとダウンサイジングしながらも、280ps/390Nmの数字はいずれも従来型を上回っている。家とクルマの調和を目指した電気自動車(EV)のコンセプトモデル「SYMBIOZ」なども併せて写真で紹介する。(写真=webCG取材チーム)

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る