ミツオカ雷駆-T3

2011.07.07 画像・写真

ミツオカが手がける三輪の商用電気自動車「雷駆-T3(ライク・ティー・スリー)」の姿を写真で紹介する。
(関連ニュースはこちら)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • EV「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場 2011.8.25 自動車ニュース 光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を変更するとともに、グレード体系を改め、2011年8月26日に発売する。
  • 第407回:いったいどうして? ミツオカ初の電気自動車「雷駆」
     ひと安心……光岡会長はやっぱり燃える男だった!!
    2010.4.30 小沢コージの勢いまかせ! ぶっちゃけ、ちょっと疑問を感じちゃったんですね。先日突如発表された「ミツオカ雷駆(ライク)」。同社初の電気自動車ってのは素晴らしいし、中身が「三菱i-MiEV」ベースってことも、別にいい。今までも「ビュート」は「日産マーチ」だったし、「卑弥呼」は「マツダ・ロードスター」、「我流」は「日産クルー」だもんね。
  • 三輪の新型EV「ミツオカ雷駆-T3」登場 2011.7.7 自動車ニュース 光岡自動車とユアサM&Bは、両社で共同開発中の商用電気自動車「雷駆-T3(ライク・ティー・スリー)」の試作車を2011年7月7日に発表。翌7月8日から、実走実験を目的としたモニター募集を開始する。
  • ホンダeアドバンス(前編) 2021.7.11 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回ステアリングを握るのは電気自動車「ホンダe」。シティーコミューターとして居住性や航続距離を割り切ったというホンダ初の量産型EVは、箱根のワインディングロードでいかなる走りをみせたのか。
  • BMWが「2シリーズ グランクーペ」の仕様を強化 快適性や安全性を高める装備が充実 2021.6.3 自動車ニュース BMWジャパンは2021年6月2日、コンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」の装備設定を変更し、販売を開始した。ACCや運転席メモリー機能付き電動フロントシートがすべてのグレードで標準装備となる。
ホームへ戻る