光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売

2012.10.18 自動車ニュース

光岡、三輪電気自動車「雷駆-T3」を発売

光岡自動車は、三輪の電気自動車(EV)「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。

「雷駆-T3」は2人乗りの三輪EV。法規上は「排気量250cc以下の側車付き二輪車」、いわゆるトライクとして扱われる。従来、トライクは乗用が想定されており、積載は前提とされていなかった。しかし、「国土交通省の新たなご判断をいただき」(光岡自動車)、定員2人、最大積載容量100kgという仕様で型式認定を取得した。

グレードはショートレンジ(短距離用途)向きの「S」と、ロングレンジ(長距離用途)の「L」がある。駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が順に2.9kWh、4.3kWhと差が付けられており、100Vの家庭用コンセントを使ってそれぞれ約4時間、約6時間でフル充電できる。航続可能距離(40km/h低地走行の場合)は約40kmと約60km。

また、それぞれのグレードには、フロントスクリーンが付く仕様「S+」「L+」も用意される。価格は129万5000円(Sグレード)〜143万5000円(L+グレード)。

経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となり、最大で30万円が補助されるため、最廉価Sグレードの実質的な価格は100万円を切る99万5000円となる。

(webCG)

「ミツオカ雷駆-T3」
「ミツオカ雷駆-T3」 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大

関連キーワード:
雷駆, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ 雷駆 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • EV「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場 2011.8.25 自動車ニュース 光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を変更するとともに、グレード体系を改め、2011年8月26日に発売する。
  • 第407回:いったいどうして? ミツオカ初の電気自動車「雷駆」
     ひと安心……光岡会長はやっぱり燃える男だった!!
    2010.4.30 小沢コージの勢いまかせ! ぶっちゃけ、ちょっと疑問を感じちゃったんですね。先日突如発表された「ミツオカ雷駆(ライク)」。同社初の電気自動車ってのは素晴らしいし、中身が「三菱i-MiEV」ベースってことも、別にいい。今までも「ビュート」は「日産マーチ」だったし、「卑弥呼」は「マツダ・ロードスター」、「我流」は「日産クルー」だもんね。
  • 光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売 2012.10.18 自動車ニュース 光岡自動車は、三輪電気自動車「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。
  • ホンダe(RWD)【試乗記】 2021.1.23 試乗記 「ホンダe」が素晴らしいのは運転してワクワクできるところだ。航続可能距離の短さがデメリットのようにいわれているけれど、それこそがホンダeの持つ強みだ……と筆者は主張するのだった。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る