光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売

2012.10.18 自動車ニュース

光岡、三輪電気自動車「雷駆-T3」を発売

光岡自動車は、三輪の電気自動車(EV)「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。

「雷駆-T3」は2人乗りの三輪EV。法規上は「排気量250cc以下の側車付き二輪車」、いわゆるトライクとして扱われる。従来、トライクは乗用が想定されており、積載は前提とされていなかった。しかし、「国土交通省の新たなご判断をいただき」(光岡自動車)、定員2人、最大積載容量100kgという仕様で型式認定を取得した。

グレードはショートレンジ(短距離用途)向きの「S」と、ロングレンジ(長距離用途)の「L」がある。駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が順に2.9kWh、4.3kWhと差が付けられており、100Vの家庭用コンセントを使ってそれぞれ約4時間、約6時間でフル充電できる。航続可能距離(40km/h低地走行の場合)は約40kmと約60km。

また、それぞれのグレードには、フロントスクリーンが付く仕様「S+」「L+」も用意される。価格は129万5000円(Sグレード)〜143万5000円(L+グレード)。

経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となり、最大で30万円が補助されるため、最廉価Sグレードの実質的な価格は100万円を切る99万5000円となる。

(webCG)

「ミツオカ雷駆-T3」
「ミツオカ雷駆-T3」 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大
 
光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売の画像 拡大

関連キーワード:
雷駆, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ 雷駆 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 光岡、電気自動車「ライク」を発表 2010.4.22 自動車ニュース 光岡自動車は2010年4月22日、新型電気自動車「雷駆(ライク)」を発表した。
  • 光岡、三輪EV「雷駆-T3」を発売 2012.10.18 自動車ニュース 光岡自動車は、三輪電気自動車「雷駆-T3」(ライク-T3)を2012年10月18日に発売した。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編) 2020.9.17 谷口信輝の新車試乗 発売から20年以上たったいまでも、マニアを中心に人気を集めている「ホンダS2000」。今回は、アニバーサリーの純正グッズを装着したこのピュアスポーツに、レーシングドライバー谷口信輝が試乗した。果たしてその評価は?
ホームへ戻る