「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」の会場から

2019.04.23 画像・写真

2019年4月14日、「モーターファンフェスタ2019」が富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)で開催された。

今年で4回目となる歴史の浅いイベントながら、来場者数は2万3150人を記録。2016年開催の初回から4年連続で2万人超えと、既にクルマ好きの間ではビッグイベントとして認知されている。その中身は、イベントテーマを「“試乗”最大の自動車体験イベント」と題していることからも分かるとおり、見るだけでなくクルマに触れる楽しみがあるのもポイント。今年も国内外の新型車100台以上が集結する「新車試乗会」をはじめ、アフターパーツメーカー「HKS」や「BLITZ」のデモカーの体験試乗会、ホンダの純正カスタマイズパーツやコンプリートカーを手がける「Modulo」の試乗会など、参加者がステアリングを握る機会も十分に用意されていた。

そのほかの企画に目をやっても、メイン会場となるAパドックでは、国内外の最新モデルや貴重なレーシングカーなどが展示されたほか、自動車関連用品メーカーや専門ショップが100を超えるブースを出展。アイドルグループ「仮面女子」のライブステージも実施された。さらにレーシングコースでは、D1GPのエキシビションや、ルノーやシボレーなどさまざまなブランドのクルマによるパレードランを実施。今回は「ルノー・スポール ジャンボリー」「シボレーファンデー」「アストンマーティン トラック エクスペリエンスデー」といった、インポーター主催のオーナーズミーティングが多数併催されたのもトピックだった。

もはや「すべてを回りきるのは困難!?」とさえ思わせるほどに“クルマ尽くし”となったイベントの模様をお伝えする。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
新着記事