「BMWブランド誕生90周年記念イベント」の会場から

2019.06.03 画像・写真

BMWグループ クラシックは2019年5月25日と26日の両日(現地時間)、イタリア北部コモ湖畔のヴィラ・エルバでBMWブランドの誕生90周年を祝った。

イベントは、隣接する会場でBMWグループの後援により開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」に合わせたものであった。

BMWはすでに2016年に創立100年を迎えている。だが、今回はそれとは別に、ブランドとしての90周年を祝った。

航空機用エンジンの製造で出発したBMWは、1923年に二輪車製造へ進出。やがて四輪車事業も手がけるべく、英国の「オースチン・セブン」を「Dixi」の名でライセンス生産していたアイゼナハ自動車製作所を傘下に収める。1928年のことだった。

当初は「BMW Dixi」としていたが、翌1929年からはDixiの名を外して、「BMW 3/15 PS」とした。そこから数えて90年というわけである。

懐かしいイタリアの街並みを再現した会場には、第2次大戦前までの二輪車と四輪車、計12台がちりばめられ、時折、ストリング・アンサンブルによる生演奏も行われた。

25日夜にはコンコルソ参加者たちを招いたパーティーも。夕刻、ドレスコードに合わせて戦前風の衣装に身を包んだ彼らが続々と到着すると、週末の湖畔に突如出現した“ローリング20s”=喧騒(けんそう)の1920年代は最高潮に達した。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢麻里<Mari OYA>、BMW)

あなたにおすすめの記事
新着記事