トライアンフが新型「ストリートトリプルRS」発表 レース用エンジンの技術を注入』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • 「トライアンフ・スピードツイン」発表会の会場から 2019.2.14 画像・写真 クラシカルなスタイリングにスポーティーなイメージをプラス。パワフルな1.2リッターパラレルツインエンジンを搭載した、トライアンフの新たな二輪モデル「スピードツイン」の詳細な姿を、発表会の様子とともにリポートする。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.15 試乗記 デカくて重いアドベンチャーツアラーに対する、強烈なアンチテーゼ。ヤマハがリリースした“中量級”のニューモデル「テネレ700」は、シンプルでありながらも、「オフロードバイクはこれでいい」とライダーをうならせる一台に仕上がっていた。
  • トライアンフ・スピードトリプルRS(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.31 試乗記 “ストリートファイター”と呼ばれるジャンルを切り開いた、トライアンフのネイキッドバイク「スピードトリプル」。そのパフォーマンスを一段と高めた「スピードトリプルRS」は、幅広いライダーを楽しませる懐の深いモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る