「トライアンフ・ストリートトリプルRS」発表会の会場から

2019.11.06 画像・写真

英国を代表する老舗バイクメーカー、トライアンフから新型「ストリートトリプルRS」が登場。日本導入が開始された。

トライアンフのストリートトリプルは、運動性能を追求したネイキッドモデル、いわゆる“ストリートファイター”と呼ばれるジャンルの先駆け的な存在。今回モデルチェンジされたRSは、その最上級モデルにあたり、乾燥重量166kgというクラス最軽量の重量と、煮詰められた足まわりのセッティング、そして車名の由来にもなっている、熟成が進んだトライアンフ自慢の3気筒エンジンが見どころとなっている。

富士スピードウェイで開催されたお披露目会の会場から、新型ストリートトリプルRSの姿を写真で紹介する。

(写真=荒川正幸)

◆関連記事:トライアンフ・ストリートトリプルRS(MR/6MT)【レビュー】
◆関連記事:トライアンフが新型「ストリートトリプルRS」発表

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・ロケット3 R(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.5 試乗記 胴体のド真ん中に2.5リッターの“超”大排気量エンジンを搭載した「トライアンフ・ロケット3 R」。0-60mph加速のワールドレコードを持つ英国製ドラッグマシンは、どんなジャンルやヒエラルキーにも属さない、唯一無二の存在感を放っていた。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る