約200台のサソリが集結! 「アバルトデイズ2020」の会場から

2020.11.12 画像・写真

FCAジャパンは、2020年11月7日、イタリアのスポーツカーブランド、アバルトのオーナーイベント「ABARTH DAYS 2020」(以下、アバルトデイズ)を開催した。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、さまざまなイベントが中止に。もちろんそれは自動車関連でも同様だ。しかしながら、最近では多くの人々が感染予防に協力。会場での検温や健康状態申告書の記入などに前向きに応じるようになったことから、来場者を集うかたちのイベントも少しずつ行われるようになってきた。

こうした状況を踏まえ、アバルトデイズも規模や参加台数を大幅に縮小しつつ開催を決定。事前申し込みと抽選によって参加者を絞り、かつ車内からのコンテンツ参加を基本とするドライブインシアター形式のイベントとして行われた。当日、全国各地から集結したアバルト車は約200台。イベントスタートは14時だが、参加者たちにゆっくり会場入りしてもらうべく、ゲートオープンは10時半に設定された。

メインステージでは「アバルト595」の限定車「595スコルピオーネオーロ」の日本初公開に加え、自動車ライターの嶋田智之氏やアバルトドライビングイベントのインストラクターを務める石川沙織選手によるトークショーを実施。世界的に活躍するマジシャン、セロのマジックショーも会場を盛り上げた。

とはいえ、“三密”を避けるために車内からのコンテンツ鑑賞が基本となった今回のイベントは、例年のようなオーナー同士の交流が見られなかったことから、取材していて寂しさが感じられた。来年こそ、自由な交流が楽しめるイベントが開催できることを願わずにはいられなかった。

(文と写真=大音安弘)

アバルト の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事