第679回:新型「フィアット500」にも観音開きの「3+1」登場 イタリア人が“3ドア”を好む理由

2020.10.29 マッキナ あらモーダ!

イタリア流のフリースタイルドア

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2020年10月22日、100%電気自動車(EV)である新型「フィアット500」に新たな車型となる「3+1」を追加した。

前席両側のドアとテールゲート(3ドア)に加え、後席アクセス用のリアヒンジドア(+1ドア)を採用した。同じ観音開きの「マツダMX-30」は両サイドにリアヒンジドアを持つのに対し、500 3+1は右側のみが観音開きだ。

歴代500で初の後席用ドアを備えた車両であり、新型500としては3月発表の「カブリオ」、6月発表の「ベルリーナ」に続く第3の車型となる。

ブランドが想定する500 3+1の顧客は明確だ。プレスリリースを訳せば「かつて仕事帰りに都市のストリートを疾走していた若い男女は今、ワーキングマム&ダッドになっている。朝、出勤途中に子どもを学校に送り届け、午後は彼らをダンススクールや英語教室へと、自らのタスクをこなしながら連れていく。ファミリーとなった彼らは、よりアクセスしやすい室内空間を必要としていると同時に、常に(フィアット)500のようにクールであり続けることを意識している」。そうしたライフスタイルのために、3+1が必要であると説いている。

今回は、EVパワーユニットのことは脇に置いて、そのドアの配置について論じたい。

500 3+1の右後席ドアは、これまたマツダMX-30の「フリースタイルドア」と同様、先に前席ドアを開けないとオープンできない。つまり、後席ドア単独では開閉することができない。

フィアットはそれを逆手にとり「中から開けることができない」ことを強調している。後席乗員として子どもを想定していることから、勝手に開けられない=安全であることをアピールしているのは確かだろう。

同時に、フィアットのチェントロスティーレ(スタイリングセンター)は500 3+1のデザインにあたり、1957年に登場した500の初期型がリアヒンジの前開きドアを持っていたことを意識したという。巧みなストーリー展開である。

近年における欧州の一般量産車で、フロントドアがオープン状態でないと開かないリアドアを持つクルマといえば、2007年の初代「MINIクラブマン」が知られている。“クラブドア”と称するドアを採用していたが、2015年登場の2代目では一般的な5ドアに変更されている。「BMW i3」もあるが、一般的な量産車には含まれないだろう。

いっぽうフィアットは、今回あえてこのドア形状を採用した。500シリーズ最大の市場であるイタリアで、どう受け止められるのか興味深いところだ。

ところで、フィアットが新型500にこうしたドアを採用した背景には、過去のイタリア車との共通点が見いだせる。

フルEVの「フィアット500 3+1」。右側に後席アクセス用ドアを持つ。3+1はイタリア語で「tre piu uno」と発音する。メーカー自身は触れていないが、2004年のコンセプトカー「trepiuno(トレピューノ)」を想起させる。
フルEVの「フィアット500 3+1」。右側に後席アクセス用ドアを持つ。3+1はイタリア語で「tre piu uno」と発音する。メーカー自身は触れていないが、2004年のコンセプトカー「trepiuno(トレピューノ)」を想起させる。拡大
「フィアット500 3+1」。全長は2020年6月に発表された3ドア版と同一の3610mmである。
「フィアット500 3+1」。全長は2020年6月に発表された3ドア版と同一の3610mmである。拡大
マツダの「フリースタイルドア」と同様、後席を開けるには、先に前席をオープンする必要がある。
マツダの「フリースタイルドア」と同様、後席を開けるには、先に前席をオープンする必要がある。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フィアット500/500C」に新グレード登場 内外装をリフレッシュ 2021.5.25 自動車ニュース FCAジャパンは2021年5月25日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に新グレード「Cult(カルト)」ならびに「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定し、同年6月5日に発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る